マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

遠野なぎこ、宮崎美子も 「お墓はいらない」という選択が増える背景

2021年5月14日 7:00

遠野なぎこが「お墓はいらない」と考えるようになった背景は?
遠野なぎこが「お墓はいらない」と考えるようになった背景は?

「新型コロナのことがあってから、いつ何が起きてもおかしくないのだと実感して、改めて“私は死んだ後どこに入るんだろう”と考えました。その結果、やっぱりお墓はいらないと思ったんです」

 女優の遠野なぎこ(41才)がコロナ禍で考えていたのは、「自分が最期を迎えた後に眠る場所」。熟考した末にたどり着いたのは墓石を建てる従来型のお墓ではなく、樹木を墓標として遺骨を埋葬する「樹木葬」だった。

「20代で家族と絶縁していることもあり、祖先のお墓がどこにあるのかわかりません。自分ひとりのために墓石を建てる必要性を感じられないし、樹木葬ならば建てた後のお手入れも必要ないため、誰にも迷惑をかけないで済む。ペットと一緒に入れるところも多く、長年連れ添ってくれた猫とずっと一緒にいられるのも大きな理由です」(遠野)

 いまは樹木葬の費用や場所についてリサーチを進めているという遠野の決意を後押ししたのは、2019年1月に亡くなった市原悦子さん(享年82)の最期だった。

「大女優で、本来ならば立派な墓石を建てるような市原さんも樹木葬を選んだと聞いて、衝撃を受けたし、やっぱり素敵な方法だと思ったんです」(遠野)

 遠野や市原さんのようにお墓を望まない人は増えており、宮崎美子(62才)は終活をテーマにした雑誌のインタビューで、「何も遺言しなければ、家の代々のお墓に入ると思いますが、お墓はなくてもいい。宇宙に飛ばしてもらうのも素敵だと思いますが、スペースデブリ(宇宙ゴミ)になったら迷惑がかかるかな」と語っている。

 国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)のナレーションなどで知られるキートン山田(75才)も、過去のインタビューで「子供や孫たちには自分のお墓はつくらない、と伝えている」と公言した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。