マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

多摩、武蔵小杉、赤羽も大変動必至 コロナ後に人気が上がる街・下がる街

2021年6月22日 15:00 マネーポストWEB

リモートワークの普及が「ベッドタウン」にも大きな影響を及ぼす(武蔵小杉のマンション群。時事通信フォト)
リモートワークの普及が「ベッドタウン」にも大きな影響を及ぼす(武蔵小杉のマンション群。時事通信フォト)

 ワクチン接種が進み、日本も新型コロナの収束へ向けて一歩を踏み出したように見える。だが、この1年で様変わりした日本社会が、コロナ後に「すべて元通り」になることはない。

 顕著な例が、住まいだ。『激震!コロナと不動産』(扶桑社)の著者で不動産ジャーナリストの榊淳司氏は、首都圏の状況を例にあげ、「コロナ後に住まいの常識は一変する」と語る。

「リモートワークの定着が大きな要因です。企業側もオフィスの省エネ化を進めており、コロナ後もリモートワークの継続を掲げる会社は多い。これまでの住まい選びは『通勤に便利かどうか』が重要な指標でしたが、それが根底から崩れたわけです。

 影響が避けられないのが、『ベッドタウン』でしょう。都内の多摩ニュータウン、千葉県の津田沼や幕張といったエリア、神奈川県の武蔵小杉や港北ニュータウン、埼玉県のさいたま新都心などです。そもそも出社する必要がないので、かつてのような“寝るためだけに帰る家”のニーズは減っている。ベッドタウンという存在意義が揺らいでいるのです」(榊氏・以下同)

 一方で、コロナ後に人気が上がるとみられる町もある。

「郊外の自然環境の豊かな町が注目されています。山側なら東京の高尾や山梨の山中湖、海沿いなら神奈川県の湘南エリアや静岡県の熱海ですね。毎日通勤する必要がなくなったことで住む場所として検討される範囲が広がったこともあり、このあたりまで選択肢に入れる人が増えてきました。もともとこれらのエリアの住宅は余剰ぎみで、不動産価格が急激に上がることもない点も後押ししています」

 また、コロナ収束後の生活を見据えてのことだが、通勤に費やしていた1~2時間が自由時間になったことで、自宅に近いエリアで気軽に楽しく飲んだり食べたりできる店が多いことを重視する人が増えているという。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。