マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

大学教員を悩ませる「オンライン講義中の学生の部屋が丸見え」問題

2021年7月13日 15:00

オンライン講義で部屋が見えてしまうことの何が問題なのか(イメージ)
オンライン講義で部屋が見えてしまうことの何が問題なのか(イメージ)

 ワクチン接種が進むものの、いまだ新規感染者数は下げ止まらない新型コロナウイルス禍。都市部の大学では、現在も大人数講義でオンライン授業が続けられている。Zoomをはじめとしたビデオ会議ツールに慣れてきた学生も増えているが、オンライン講義では“プライバシー”に関する意識の低さが露見するケースもあるようだ。

 都内の私立大学で教鞭を取るAさん(30代)は、次のように不安の声を寄せる。

「同時双方向型(※リアルタイムでZoomなどを使い授業をすること)の演習や講義の際に、『なるべく背景は白壁にするか、バーチャル背景を設定するようにしましょう』と呼びかけています。しかし、多くの学生が自室やリビングが見える状態のまま、ビデオをオンにしているのです。先日は、服や下着などが散らかったままのベッドが映り込んでいる学生や、部屋の窓から自宅が特定できそうなビルなどが映っている学生もいました。

 SNSに投稿した画像から、ユーザーの自宅や生活エリアが特定されることは珍しくありません。それによってストーカー被害に遭うケースもある。そうした報道を紹介しながら啓発しているのですが、学生たちは『部屋が見えても特定されるわけがない』と高をくくっているのか、なかなか対応しようとはしません」

 こうしたA氏の指摘を受けて、別の都内大学で勤務する助教・B氏(20代)も、次のように語る。

「たしかに、僕が担当している授業でも部屋が丸見えの学生は少なくありません。部屋に貼っている“推し”のポスターや写真までくっきり見える場合もあります。本人たちはなにも気にしていないようですが、やはり保護者や教員が啓発していくべき問題でしょう。

 一方で、それを単純に学生の意識の低さだけの問題と片付けられない事情もある。たとえば、Zoomで『バーチャル背景を設定してください』と言っても、PCのスペックによっては背景が設定できない仕様になっている。デュアルコア2Ghz以上のプロセッサを搭載しているか、OSを最新版にアップデートしているか、などスペック要因も大きい。そうした際に、『せめて無地の壁をバックにしてほしい』と伝えても、『無地の壁だけが写せるような場所はありません。どこで授業を受けても生活空間が映ります』という下宿学生もいるわけです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。