マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

吉田みく「誰にだって言い分があります」

マスク越しの出会いから… 30代男性が語る「コロナ禍の婚活の厳しさ」

2021年7月15日 19:00 マネーポストWEB

コロナ禍ならではの婚活事情とは?(イメージ)
コロナ禍ならではの婚活事情とは?(イメージ)

 五輪開催を前に、東京では4度目となる緊急事態宣言が発令されている。人と人との接触機会を減らさざるを得ないコロナ禍では、「新たな出会い」を求めること自体が難しい。なかでも、交際相手や結婚相手を求める独身者は思うような「婚活」や「恋活」ができず、不安が募ることがあるようだ。コロナ禍で真剣な婚活に踏み出した30代男性に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
 婚活サービスなどを展開するタメニーが25〜39歳の未婚男女2400人余にアンケートを実施したところ、結婚・恋愛のいずれにも「意欲がある」と答えた380人のなかで、2020年4月〜2021年3月に「交際を開始した」人は39.2%に上った。前年度の同アンケートでは42.9%が「交際開始」と回答しており、若干下がってはいるが、同社は「コロナが婚活や恋活に与えた影響は限定的」と総括している。

 コロナ禍での婚活や恋活について感じたことを記す設問には、「リアルの婚活パーティは冷やかしなどが減り、出会いの質が上がった」「コロナ前とは違い、出会いを真剣に求める今までいなかったタイプの人の参加が増えた」などのポジティブな意見もあった。

 婚活・恋活の手段として利用者が多かったのは「マッチングアプリ」で、全体の3割近くを占めた。自宅に居ながら出会いを求めることができるため、コロナ禍の恋活・婚活には適していたのかもしれない。

 都内在住の会社員、渡辺祐樹さん(仮名・36歳)は、新型コロナウイルスの影響で在宅ワークとなったことがきっかけで、婚活にチャレンジすることを決めたそうだ。

「コロナ前は終電まで残業は当り前。忙しいというよりも、職場の仲間が帰らなかったので帰りにくかったのが理由でした。在宅ワークになったことで無駄な残業が減り、自分の時間が作れるようになったんです」(渡辺さん、以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。