マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

吉田みく「誰にだって言い分があります」

「夕食難民」20代男性に自炊挑戦を決意させた女性上司の手料理

2021年2月27日 19:00

栄養満点の手料理に舌鼓を打ったのも束の間…(イメージ)
栄養満点の手料理に舌鼓を打ったのも束の間…(イメージ)

 年明け早々から続く新型コロナ緊急事態宣言。感染拡大や医療の逼迫度を示す各指標が好転しつつあることもあり、解除の時期が取り沙汰され始めている。この間、飲食店の多くが時短営業となったことによって緊急事態宣言が出ている地域を中心に“夕食難民”が発生していた。そうした中、IT企業に務める20代の独身男性にある“事件”が起きた。フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
 今年に入り、東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪などの10都府県が緊急事態宣言の対象地域となった。それに伴い、飲食店は20時(酒類の提供は19時まで)までの時短要請を受けた。そこで問題となったのが「夕食難民」である。

 コロナ禍の前までは、仕事が終わってから外で夕食をとっていた人が多かった。しかし、飲食店の時短営業により行き場をなくし困っている人が増えたのである。自炊することで解決する問題ではあるが、食事を用意する時間が取れない、あるいは住環境そのものが自炊に適していない(スーパーマーケットが遠い、調理器具などが充実していないなど)といった事情もあるようだ。

 都内在住のIT企業勤務、石井渉さん(仮名・23歳)は、夕食難民の一人。年度末ということもあり、最近は終電近くまで職場にいるという。飲食店はほとんど閉店しているため、夕食は毎日コンビニで買えるもので済ませているそうだ。食事が偏っているせいか、最近ニキビが気になるという。

「ニキビの数が増え始めてきたころ、『食事、ちゃんと食べてる?』と、職場の上司から心配されるようになりました」(石井さん、以下同)

 石井さんの上司は30代後半の独身女性。新型コロナウイルスの自粛生活をきっかけに外食中心の食生活を見直し、最近では料理が趣味になっているそうだ。そんな上司から、ある提案をされたという。

「『仕事が終わったら、ウチでご飯食べていかない? 一人分作るのも二人分作るのも変わらないからさ〜』と、誘われました。本当に困っていたのでラッキー!って思いました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。