マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナ禍で食費が月35万円に 夫が激怒しカード没収された富裕層妻の悲哀

2021年7月17日 19:00 マネーポストWEB

夫は年収4000万円だが、食費には厳しく…(写真はイメージ)
夫は年収4000万円だが、食費には厳しく…(写真はイメージ)

 東京・港区の麻布界隈には、“麻布妻”と呼ばれる富裕層女性たちが住む。麻布妻の中には、夫から家族用のクレジットカードを渡され“いくら使ってもいい”とされている女性もいるが、一方で、厳しく締め付けられている人もいる。自身も麻布妻でライターの高木希美氏が、コロナで食費などのカード支出が増え、夫から詰められた女性のケースをリポートする。

 * * *
 麻布界隈に住む比較的若い富裕層夫婦は、2種類のタイプに分けられます。1つは、家計管理をまったくしないタイプ。十分な稼ぎがあって、月にいくつかブランドものを買ったり多少の贅沢をしたりしても将来に影響することはないことから、節約とは無縁な人です。開業医や経営者に多いと思います。

 もう1つは、しっかり締めるタイプ。この場合、私の周囲では“稼いでいる夫”が管理していることがほとんどです。こちらは外資系金融やコンサル系に勤めているケースが多い印象。

 後者の極端なタイプが、アラサー専業主婦のアキコさんの家庭です。おっとりした性格で、もともと数字はちょっと苦手。アキコさんの夫はITコンサルで、年収は4000万円ほどだといいます。マインクラフトが大好きな息子が一人。

 これまでは、食費のためのクレジットカードを渡されていて、とくに困ることはなかったアキコさんですが、コロナを引き金に夫とトラブルになったそうです。

「夫は、コロナが流行ってからほぼ100%在宅になりました。もともと夫は自分の生活も最低限しかお金をかけないタイプ。自分の趣味のサイクリングやグランピングにはお金を使いますが、日常生活にもお金がかかるっていうことはあまり理解していないようです。

 ゲーム好きでインドア派の息子とはいえ育ち盛りで、食費はかかります。それに加えて、夫が朝昼晩3食とも自宅で食べるようになりました。これまでは夕食は外で食べてくることも多かったのですが、毎日自宅で食べるとなると、食費が……。

 食べるだけの夫は理解できないでしょうけど、食事って何を作るか献立を考えて材料を買いに行き、下準備、作って出したら洗い物や後片付けもあって、エンドレスですよね。3食作るのが去年の3月くらいから続いているから、少し楽をしたくて、デパートでお惣菜を買うことも増えたんです」

 その結果、コロナ前は月20万円ほどだった食費が、35万円に上がった月があったそうです。

「夫から、毎月私のガソリン代とか含めて8万円ほど現金をもらっているんですが、先月“食費カードからの引き落としが多すぎるからカット”と言われました」

 自分名義では特に貯金などもしてこなかった明子さん。自分の洋服などを買うクレジットカードやPTAの現金出費など必要なお金が払えないことに困ったアキコさんが夫にちょっと文句を言ったら、何倍にもなって返ってきたそうです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。