マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「俺はお前の100倍の価値がある!」東大卒モラハラ夫と離婚するまでの地獄の日々

2021年7月16日 15:00 マネーポストWEB

モラハラ加害者に共通する特徴とは?(イメージ。写真/Getty Images)
モラハラ加害者に共通する特徴とは?(イメージ。写真/Getty Images)

 新型コロナウイルスの感染拡大で自粛生活が続くなか、パートナーや恋人からのDVやモラルハラスメントに悩む人が増えており、そこから破局・離婚につながるケースも少なくないという。社会的にはエリートと呼ばれる夫が、家庭ではとんでもないモラハラ夫だったりするケースもある。実際に、そうしたエリート夫のモラハラ言動の末に、離婚に至った夫婦の実例を紹介しよう。

『誰も教えてくれなかった「離婚」しないための「結婚」の基本』(KADOKAWA)の著者で、年間300件以上の離婚相談を受ける弁護士の後藤千絵さんが語る。

「モラルハラスメントとは、言葉や態度で巧妙に相手の人格を侵害し、萎縮させることで相手を意のままに操ること。簡単に言えば、『精神的な嫌がらせ』を毎日のようにしてくるという状態です。近年、特にパートナーからのモラハラが離婚原因として多いと感じます。エリートと言われる人ほどストレスが溜まり、モラハラをしやすい傾向があるように思います」

 実際に後藤さんのもとに相談に訪れたA子さん(32才)の夫(34才)も、その一人だった。A子さんが語る。

「夫とは東京大学のテニスサークルで出会いました。私は東北の田舎の方の出身で、中堅私立大学に入りましたが、夫は生まれも育ちも東京で、中学・高校も名の知れた私立の進学校出身のエリート。出会った時から洗練された大人の魅力があって、サークルの中心的な存在でした。おしゃれなレストランや隠れ家的なバーにも詳しくて、話も上手なので当然女性に人気があったのですが、なぜか私に交際を申し込んでくれたんです。当時の私はそれだけでもう有頂天でした。

 友人からは羨ましがられ、若かった私はすっかり彼との交際にハマっていきました。彼はサークルやゼミ仲間との集まりなどで忙しい人だったので、デートはいつも彼のスケジュールを優先。夜中に突然呼び出されても、彼に必要とされるのが嬉しくて友達との約束があっても彼に会いに行っていました」

 当時は“都合の良い女”として扱われていることに気付かなかったというA子さん。ところが大学卒業目前の冬、A子さんの妊娠が発覚した。

「妊娠を告げた時の彼の顔は、今でも忘れられません。驚くでも困るでもなく、淡々としていたというか、全く喜んではくれませんでした。でも、既に官庁への就職が決まっていたからか、結婚してくれることになったんです。彼は大学入学時からキャリア官僚志望で、彼の家はもちろん親戚も官庁に勤めている人が多かったので、世間体も気にしたのでしょう。妊娠をあまり喜んでいない様子に不安はありましたが、私としては結婚してくれて、本当にほっとしたのを覚えています」(A子さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。