マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

劇場公開と同時にネット配信の映画が増加 価格設定はユーザーも納得?

2021年8月9日 15:00 マネーポストWEB

劇場公開と同じタイミングでネット配信を行う映画が増加している
劇場公開と同じタイミングでネット配信を行う映画が増加している

 昨年からの新型コロナウイルス感染拡大によって、多くの映画館が一時的な休業や、観客数を制限しての営業を強いられることとなり、新作映画の公開延期も相次いだ。そうした流れと並行するかたちで、劇場公開とほぼ同時にネットで配信する作品も増えている。

 たとえば、ディズニー映画の『ムーラン』(2020年9月公開)、『ラーヤと龍の王国』(2021年3月公開)、『クルエラ』(2021年5月公開)、『ジャングル・クルーズ』(2021年7月公開)、そしてマーベル・シネマティック・ユニバースの『ブラック・ウィドウ』(2021年7月公開)は、それぞれディズニー関連の映像コンテンツを扱う動画配信サービス『ディズニープラス』の「プレミアアクセス」で、劇場公開とほぼ同時に配信された。「プレミアアクセス」はディズニープラス会員向けのサービスで、ディズニープラスの基本料金のほかに、3278円(税込み・以下同)を追加で支払うと、作品を観られるというものだ。

 日本映画でも、ピース・又吉直樹原作の『劇場』が2020年7月17日に劇場公開されると同時に、Amazonプライム・ビデオにて配信が開始。また、人気漫画を原作とした綾野剛主演の『ホムンクルス』は2021年4月2日に劇場公開され、同22日からNetflixで配信された。この2本の作品は、配信サービスの会員であれば、追加料金なしで観ることができる。

 いまや新作映画が自宅で観られる時代。しかも、『劇場』や『ホムンクルス』のように追加料金なしで観られるならばお得感も強いように思える。しかし、劇場であれば1本1800円か1900円で観られるのに、3000円以上の追加料金が必要となる場合は、多少の割高感を感じる人もいるかもしれない。エンタメ事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「ディズニープラスのプレミアアクセスは、購入した映画作品を何度も観られます。スマホやパソコン、テレビなど、登録している端末ならどれでも観られるというのも大きなメリットでしょう。また、一定期間が過ぎると、ディズニープラスの見放題ラインナップに追加されるので、継続して観ることもできます。

 感覚としては、作品のデジタルパッケージの購入に近いものだと思います。そういう意味では3000円程度という価格設定は、納得できるものだと感じます」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。