マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

保険証券が見つからなくても心配不要 生保42社に「一括照会」できる制度

2021年8月13日 16:00 女性セブン

2021年7月1日からスタートした「生命保険契約照会制度」
2021年7月1日からスタートした「生命保険契約照会制度」

「住宅に次ぐ大きな買い物」ともいわれるのが、生命保険だ。住宅と同様に、“大きな財産”になり得るものだが、いざ家族が亡くなった時、保険証券の保管場所がわからなくなってしまう人は少なくないという。

 だが、心配する必要はない。今年7月1日から、「生命保険契約照会制度」がスタートした。生命保険協会に必要書類を提出すると、協会に加盟する42社に保険契約が存在するかどうかを一括で照会してくれる制度だ。

「契約者や被保険者が死亡したり、認知判断能力が低下したりしている場合、法定相続人や代理人のほか、3親等内の親族などが開示請求できます。どの保険会社と契約しているかわからなくても、生命保険協会が一括で照会して、調査結果を取りまとめて送ってくれるのです」(遺品整理などを手がけるクオーレ代表の竹本泰志さん)

「生命保険契約照会」に必要な書類の数々
「生命保険契約照会」に必要な書類の数々

 費用は1名につき3000円で、旧姓を含む複数の契約があったとしても、費用は変わらない。相続・終活コンサルタントで行政書士の明石久美さんが言う。

「協会に加盟していない共済や据置保険契約(満期がきても保険会社に預けたままの保険金)などは一括では照会できないので、まずは銀行口座の引き落とし履歴や、年末調整、確定申告の前に郵送される保険料控除証明書を手掛かりに、生命保険の加入の有無を調べましょう」

 そのうえで、各共済組合などに連絡すれば、一括照会よりは手間がかかるが、無事“お宝”にたどり着くことができる。

※女性セブン2021年8月19・26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。