マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

YouTube「広告なし機能」の料金設定は高いか妥当か? ユーザーの声から探る

2021年8月15日 15:00 マネーポストWEB

YouTubeの「広告非表示」機能の適正価格は?(Getty Images)
YouTubeの「広告非表示」機能の適正価格は?(Getty Images)

 動画配信サイトYouTubeの有料プラン『YouTube Premium』の低価格版となる『YouTube Premium Lite』が、ヨーロッパの一部の国で試験導入されているが、日本の『YouTube Premium』のユーザーは、どういった印象を抱いているのだろうか。

『YouTube Premium』は、YouTubeの広告を非表示にするほか、スマホでのバックグランド再生やオフライン再生、音楽配信サービス『YouTube Music Premium』が利用できる有料サービス。日本国内では月額1180円で提供されている。

 一方『YouTube Premium Lite』は、広告の非表示のみに特化した有料サービスで、バックグラウンド再生、オフライン再生、『YouTube Music Premium』は利用できない。ベルギー、デンマーク、フィンランド、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、スウェーデンで試験導入中で、料金は月額6.99ユーロ(日本円で約900円)。『YouTube Premium』の月額11.99ユーロ(日本円で約1550円)の約6割程度という価格だ。

 この『YouTube Premium Lite』について、『YouTube Premium』ユーザーである都内在住の会社員・山崎さん(仮名、30代男性)は期待を寄せる。

「YouTubeの広告を非表示にするために『YouTube Premium』に入っています。広告表示のないYouTubeは本当に快適で、これに慣れるともう広告ありでは見られません。でも、正直月額1180円は高いとも思います。だから、広告非表示に特化した低価格な『YouTube Premium Lite』が登場したなら、乗り換えるかなという感じです」

月額1180円を高いと感じる人たち

『YouTube Premium』の月額1180円という料金に対して、“高い”と感じているユーザーは少なくないようだ。というのも、NetflixやAmazonプライム・ビデオのような定額制動画配信サービスであれば、映画やドラマ、アニメなどのほか、オリジナルの映像コンテンツが多数配信されているが、『YouTube Premium』の場合、有料会員のみが視聴できるコンテンツが少ないのだ。以前は『YouTube Premium』の会員だったが、現在は解約したという神奈川県在住の会社員・西田さん(20代女性)は、解約した理由を説明する。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。