家計

お金が貯まらない人はここが間違い! 貯蓄は「先取り」「比率」が原則

貯蓄できない人にありがちな傾向とは?(写真はイメージ)

貯蓄できない人にありがちな傾向とは?(写真はイメージ)

「頑張って節約を続ければいつかはお金が貯まる」──そう思って厳しい節約生活に励んでも、なかなかお金が貯まらず挫折する人は少なくない。『年収200万円の私でも心おだやかに毎日暮らせるお金の貯め方を教えてください!』(SBクリエイティブ)著者で、ファイナンシャルプランナーの坂本綾子さんによると、お金が貯まらない人は、そもそもの「貯蓄」の考え方が間違っているという。どういうことなのか、そのリアルケースを見てみよう。

 坂本さんのもとに相談に訪れた30代女性・A子さんは、こう話す。

「給料は手取りで月17万円、ボーナスはほとんど無いので、年収にすると約200万円ほどです。大きな買い物はしていませんし、お金がかかる趣味があるわけでもありません。日々節約しているつもりなのですが、給料日前にはいつも残高がゼロに近くなり、毎月カツカツの生活です」

 A子さんの貯蓄方法は、毎月給料が振り込まれた後、次の給料日まで出来るだけ節約し、最後に残ったものを預貯金に回すという、多くの人が実践する方法。坂本さんが指摘する。

「貯蓄に回せるのは、頑張って節約した結果、最後に残っているものだと思っていませんか。実はこれは、一番失敗しやすい方法です。貯蓄の原則は、まずは『先取り』であり、順番が逆なんです。多くの人がここを勘違いしているため、日々節約してもなかなか預貯金額が増えないという事態に陥っています。給料が振り込まれたらすぐに貯蓄分を差し引いて、残った分で日々の生活費を出していくことが大切です。

 また、A子さんの問題は、期間や目的を決めずに漠然と貯蓄をしていること。毎日『今日はこれを我慢しよう』、『いくら節約できた』とただ切り詰めた生活をしていると、人は『一体この我慢をいつまで続ければ良いのか』、『もしかして一生このままなのでは』と不安になるもの。この精神状態が長く続くはずはなく、どこかのタイミングで挫折し、かえって散財してしまうケースが散見されます。そのためまずは、貯蓄を続ける期間とお金が貯まったら何をしたいかという目的をしっかり定めることが大切です」

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。