マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

コロナ禍での転職アンケートに6割が「成功」と回答 何が成否を分けるのか

2021年9月9日 16:00 マネーポストWEB

コロナ禍で転職した人の多くが「成功だった」と回答した(イメージ。Getty Images)
コロナ禍で転職した人の多くが「成功だった」と回答した(イメージ。Getty Images)

 新型コロナウイルスの感染拡大で「世の中の常識が変わった」と言われるが、それはビジネス環境においても同じだ。飲食業や観光業などが大打撃を受ける一方で、宅配業やインテリア、ゲーム業界など、リモートワークやステイホームのニーズをとらえて成長している分野もある。

 もはやこれは「ゲームのルールが変わった」と言えるものであり、コロナの打撃を受けたことで不遇を嘆くだけでは仕方がない。むしろ、こうした危機は一生のうちに何度かは遭遇するものと捉え、新しいルールに適応していくしかないのが実情だろう。

 コロナ禍でビジネス環境が激変するなか、働く人には「転職」も大きなテーマとなる。NEWSポストセブン「転職研究室」が20〜60代の男女を対象に「コロナ禍(2020年1月~2021年8月)における転職の検討状況」についてアンケートを行ったところ、全体で約17%(1142/6605人)の人が「コロナ禍での転職を検討した」と回答した。

 20代、30代に限ってみると実に約3割(366/1230人)もの人が転職を検討していた。コロナ禍のような先行き不透明な状況下では、転職のようなリスクのある変化は忌避されるものと思えるが、若い世代はそれを上回るほどの将来不安があるのか、転職意欲は旺盛のようだ。

 アンケートではさらに、実際に転職した人に「成功だったかどうか」についても聞いた。すると、回答した167人のうち100人、6割が「成功だった」と答えている。この結果について、キャリアカウンセラーの錦戸かおりさんはこう指摘する。

「アンケートでは『転職を考えた理由』に加え、『転職先を選ぶ時に重視した点』についても複数回答で答えてもらっていますが、後者の回答の数のほうが多い。これは30代以降で顕著に見て取れます。

 つまり、転職活動を始めて実際の企業を具体的に見ていったときに、検討すべきポイントがいろいろ目に入ってきて、そこを慎重に判断している様子がうかがえます。転職活動を始めた後で、慎重に企業を選んだ結果として、満足度が高くなったのかもしれません」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。