マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

勝手に資産売却されたうえ離縁も拒否…「遺産目的の養子縁組」トラブル

2021年10月28日 15:00 女性セブン

養子縁組の申し出を受けて喜んでいたのも束の間…(イメージ)
養子縁組の申し出を受けて喜んでいたのも束の間…(イメージ)

 何かとトラブルがつきものの遺産相続。特に資産家の場合、遺産を目当てに家族に近寄ってくる親族もいるという。相続が絡む養子縁組で起こりうるトラブルには、どんなものがあるのか。ある70代女性が実際に体験したケースとともに、専門家のアドバイスを紹介する。

 * * *
 大地主の次男に嫁いだ私(72才女性)──そう言うと、うらやましいと思われるでしょうか。ところが実際は、義兄夫婦が広大な土地や金融資産を受け継ぎ、私たちは小さく古いアパートをいくつか譲り受けただけ。なぜ差をつけられたかというと、義兄夫婦は長男(本家)、夫は次男(分家)だから。

 それでも夫婦ふたりでなんとかアパート経営をしていこうと思っていた矢先、夫ががんで倒れました。私たち夫婦には子供がいなかったので、高齢の私が看病をしつつ経営もしていましたが、体力的にも厳しく、困っていました。すると、義兄の四男・M雄(40才)が、

「おばさんひとりで大変でしょう。ぼくが養子になって一緒に暮らして、いろいろとお手伝いしてあげましょうか」

 と言ってくれたんです。正直、渡りに船でした。夫が死んだら、経営はもちろん、私自身の介護も誰にしてもらえばいいものか、心配だったからです。夫の命もいつ尽きるかわからないため、すぐに手続きして、養子に迎え入れました。

 夫も、「これでおれも安心して逝けるよ、ありがとう」と喜んでくれました。いま思えば、幸せだったのはその瞬間まででした──。

 夫の死後、M雄は私に相談もなく土地建物の名義を勝手に自分に変え、売却。その現金をもとにひとり暮らしを始めたんです。後になって聞いたところ、M雄は素行が悪く、義兄から「お前には財産を譲らない」と宣言されていたらしいのです。それで、私たちに養子の相談を持ち掛けたようです。

 あまりのショックで床に臥せるようになった私の看病も、もちろんしてくれません。養子関係を白紙に戻したくて離縁を申し出ても、受理されず……。

 おいしい話には裏があるんですね。最晩年にこんな思いをするなんて、思ってもみませんでした。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。