マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

クーポン「使わなければ損」は間違い 飲み物無料のために6000円使う本末転倒

2021年11月7日 7:00 女性セブン

一見、お得に見えるものに落とし穴も(イメージ)
一見、お得に見えるものに落とし穴も(イメージ)

 近年、大々的なキャンペーンなどを打ち出し、認知度を高めているキャッシュレス決済。ポイントが貯まるうえ、現金を持ち歩かずに済む便利さが人気を集めているが、その一方で「ポイントが付いてお得だから」とつい不要な物まで購入してしまう人も少なくない。キャッシュレス決済やポイントとの上手な向き合い方を紹介しよう。

「ポイ活」は頑張りすぎない

 キャッシュレス決済のメリットといえば、なんと言ってもポイントが貯まること。だが、ポイ活をやりすぎるのも考えもの。節約が目的のはずなのに、「ポイントを貯めること」が目的になっては本末転倒だ。

 たとえば、ポイント還元率が1%の場合。1000円分のポイントがもらえたとしても、そのためには少なくとも10万円を使っているということになる。そもそも、節約上手な人ほど、ポイントカードはむやみに持たないもの。いつも使う店のポイントに厳選し、効率よく貯めよう。

クーポンに踊らされない

 クーポン券や割引券も、お金を貯められる人ほど「せっかくもらったから、使わなければ損」とは考えない。消費生活アドバイザーの丸山晴美さんがそのカラクリを明かす。

「かつて働いていた飲食店には、飲み物が1人1杯無料になるクーポンがありました。ある日、そのクーポンを使うために6000円も使ったお客さんがいて……。“クーポン券があるのは、それがお店にとって利益になるから”だと実感しました。本当に必要なときにたまたまクーポンがあればラッキーですが、金額や期限などに惑わされて、お店の策略に乗せられないことです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。