マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

まさかの行動に仰天!我が家の「ロボット掃除機」の笑える・笑えない事件簿

2021年10月31日 16:00 マネーポストWEB

ペットとロボット掃除機の組み合わせは要注意?(イメージ。写真:アフロ)
ペットとロボット掃除機の組み合わせは要注意?(イメージ。写真:アフロ)

 自動で部屋の床をきれいにしてくれる掃除機ロボット。世の中に登場してから約20年近い歴史を持つことから、“家族の一員”として欠かせない存在となっている人もいるかもしれない。そんな家事にかかる時間の節約に心強い存在であるロボット掃除機だが、時に思わぬ“行動”を取ってしまうこともあるようだ。ユーザーたちが経験した悲喜こもごものエピソードを紹介しよう。

もはや手間がかかるペット扱い

「うちのロボット掃除機の“ロボちゃん”は、掃除しやすいようにあらかじめ掃除しなくてはならない手間のかかる子です(笑)」

 そう言うのはメーカーに勤務する40代女性・Aさん。普段は頼りになる存在なのに、時々見せるユーモラスな姿に、思わず笑ってしまうという。

「家に帰ると“ロボちゃん”が見当たらない。探してみると、ホームベースに戻れないままバッテリー切れして、ベッドの下で力尽きた姿でいるのを発見しました。元気がないと思いきや、壁に立てかけていたコードレス掃除機を倒していたこともあって、“ライバル”は倒すんだと笑ってしまったことも。ほかにも、ドアを開けっぱなしにしておいたため、風呂場に侵入してしまい、浴場でドンドンと音を立てて助けを求めていたので救出したこともありました」(Aさん)

 そんな“やんちゃ”なロボット掃除機だが、Aさんが最も記憶に残っているのは、こんなエピソードだ。

「『観葉植物の鉢に突っ込み事件』ですね。その日は家にいて、たまたま様子を見に行った時、ロボット掃除が鉢をひっくり返して、散らばった土を掃除するという本末転倒な行為をしていました。過去にはゴミ箱を倒して、ゴミを掃除するということも。バッテリー交換したばかりだった時のことだったので、元気が有り余っていたのかもしれません。今年でこの子も5年目、まだまだ現役です」(Aさん)

ペットのおしっこを家中に巻き散らし…

 家で飼っている動物とロボット掃除機の組み合わせに苦労している人もいる。人材紹介会社で働く30代女性・Bさんだ。飼い犬がトイレと違う場所におしっこをしてしまったことが悲劇の始まりだった。

「おしっこしたとは知らず、深夜にロボット掃除機がスタート。朝起きると、部屋中におしっこが広がっていたという“惨劇”を目の当たりしました。朝から雑巾で床に散らばったおしっこを掃除したことを良く覚えています。これが、うんちだったらもっと悲惨だったと思い、自分を励ましていました。それ以外にも、犬がロボット掃除機におしっこをかけて故障したことも……。その時のロボット掃除機は、もはや同じところをウロウロしかできないようになっていました」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。