マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

客として訪れたスーパーの過失で高額スニーカー台無しに 賠償請求はどこまで可能?

2021年11月6日 15:00 週刊ポスト

どこまで弁償を請求できる?(イメージ)
どこまで弁償を請求できる?(イメージ)

 店に客として訪れた際、こちらにこれといった過失がなく大切なモノを破損させられた場合、客は店に賠償請求できるのか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 朝一番でスーパーに買い物に行ったら、従業員がネズミ捕り用の粘着シートを片付け忘れていて、それを踏んづけてしまい、5万円もするレア物のスニーカーが台無しに。問題は弁償額で、店側は2万円しか払うことができないと譲りません。でも、非は店側にありますし、5万円を請求してもよいですか。

【回答】
 賠償は事故がなければ、現在あるはずの状態に復元するためのものです。従って賠償額は、被害を受ける直前のスニーカーの価値(元の価値)と、現在の価値との差額になります。

 洗えば元通りになるのなら、その費用が買い換えよりも高くなければ、クリーニング費用が修繕費としての損害額になります。洗えば履くことはできるけども、元通りにならないとすれば、修繕費の他、修繕後のスニーカーの価値と元の価値の差額が損害になり、洗っても履けなくなったとすれば、今の価値はゼロですから、元の価値が損害です。

 現状は、もはや履けないとのこと。クリーニングもできないと仮定します。粘着力の強いネズミ捕り用粘着シートを間違って踏んだ履物が使い物にならなくなることが予見できれば、スニーカーそのものの価値が損害で、5万円は高額ですが、予見できる範囲です。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。