マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

1.8人に1人が罹る「がん」への備え がん保険と最新検査法の活用を

2021年11月18日 7:00 女性セブン

深刻な事態に陥る前に準備できることは?
深刻な事態に陥る前に準備できることは?

 年齢が増すにつれ、がんや心疾患、脳血管疾患、肺炎などの病気にかかる確率が高くなる。なかでも、がんの確率は抜きん出て高く、死亡率は2位の心疾患の倍近い。

 国立がん研究センターが「がんの統計」で算出している2018年データに基づく「日本人が一生のうちにがんと診断される確率」によると、がんになる「生涯確率」は男性65.0%、女性50.2%で、1.8人に1人ががんになるかかる計算だ。一方、がんで死亡する生涯確率(2019年データ)は男性26.7%、女性17.8%と4.5人に1人。がんが治る病気になりつつあるのが見て取れる。

 東京都在住でスナックを営む自営業のN実さん(50才)は、この秋、がんが発覚した。

「末っ子の次男も大学を卒業して社会人になり、子育ても一段落。夫と船旅に出ようと計画していた矢先に乳がんが見つかり、入院することに。健康を過信していたせいか、がん保険には入っていませんでした」(N実さん)

 年代別のがんにかかる確率が低い時期もあるが、早期に発見すれば治る確率も上がる。日本対がん協会と関連3学会は共同調査で、2020年にがんと診断された人が前年より9.2%に減ったとする結果を発表した。

 今後は進行したがんが見つかるケースが増え、深刻な患者の予後の悪化や死亡率の増加が懸念されている。深刻な事態に陥らないよう、検診・受診が極めて重要だ。ニッセイ基礎研究所主席研究員の篠原拓也さんが話す。

「ただ、がんにかかっても健康保険があるので、実はそれほど治療費はかかりません。では、がんになって何に困るかというと、抗がん剤の副作用で働けなくなり、無理ができなくなって収入減になること。がん保険加入後に、がんと診断されれば一時金として100万~300万円が、抗がん剤治療で毎月10万円程度が支払われるため、生活費を補てんできるのが、がん保険の必要性です」

 がん保険で気をつけたいのは、がん罹患率が上がる60代後半から保険料も上がること。なるべく早い段階で加入するのがおすすめだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。