マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

早期前立腺がん摘出合併症に悩む60代男性 ゴルフで失禁し外出恐怖症に

2021年5月14日 16:00

良かれと思ってやった治療に落とし穴も(イメージ)
良かれと思ってやった治療に落とし穴も(イメージ)

 老後の不安として「お金」と並んで挙げられるのが「健康」だ。重い病を患って寿命を縮めることは誰も望まないから、健康診断や人間ドックで兆候を見逃さないようにする。とりわけ、日本人の死因第1位である「がん」については、早期発見・早期治療が推奨されている。それにより命が助かった人が多くいるのは事実だ。ただ、良かれと思って受けた手術や治療に、落とし穴が潜んでいることもある。都内在住の60代前半の男性が語る。

「人間ドックのオプションのPSA検査で引っかかり、大病院の泌尿器科で精密検査を受けたところ、早期の前立腺がんと診断されました。主治医に『早期だけど、生検で採取したがん細胞の悪性度は高かった』と言われ、前立腺摘出の外科手術を受けることにしました」

 この男性は術後、合併症である「尿漏れ」に苦しむことになった。

「咳をした時に少し尿が漏れるなどの症状が続き、尿漏れパッドをつける生活になった。一度、趣味のゴルフでスイングをした際に失禁し、ズボンがビショビショになりました。それ以来、外出が怖くなってしまい……」

『絶対に受けたくない無駄な医療』(日経BP)の著者で医療経済ジャーナリストの室井一辰氏はこう指摘する。

「前立腺の摘出手術を受けると、合併症として尿漏れなどの排尿障害や、勃起障害(ED)が起きることがあります。リハビリなどによって6か月程度で排尿機能が戻ることが多いとされますが、半年以上経っても戻らない場合、その症状が一生続くことがある」

 早期の前立腺がんの場合、手術以外の選択肢も有力だ。

「3か月ごとにPSA検査をして経過観察をしながら、進行が確認されたら治療を開始するという方法もあります」(同前)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。