マネー

早期前立腺がん摘出合併症に悩む60代男性 ゴルフで失禁し外出恐怖症に

 一方で、胃がんや肺がんの場合、早期に発見して手術を受けることが、生存率を高めるうえで重要になる。症例によって最善の判断が異なるからこそ、主治医から十分に説明を受け、納得がいかなければセカンドオピニオンを取るなどして、「手術ありき」とならないことが大切だ。

「近年、がんの種類によっては生存率だけでなく、患者のQOL(生活の質)を見据えた治療が求められるようになりました。部位やステージに応じて手術以外の治療法を組み合わせようと考える医師も増えています」(同前)

※週刊ポスト2021年5月21日号

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。