マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

自宅で眠る古いスマホ 中古店で2万円以上の買取額がつくことも

2021年11月28日 11:00 週刊ポスト

「古いスマホ」が高値で売れる条件は?(イメージ)
「古いスマホ」が高値で売れる条件は?(イメージ)

 機種変更や買い換えなどで使わなくなった古いガラケーやスマホを、家に置いたまま“埋蔵”させている人は多い。“ガラクタ同然”と思っているかもしれないが、実は意外な高値で売れるケースがある。携帯ジャーナリストの石川温氏が語る。

「中古携帯の国内市場はここ数年で急拡大しています。ICT市場を調査しているMM総研によれば、2020年度の中古携帯の取引台数は過去最高の185万台。ビデオレンタルチェーンのゲオやTSUTAYA、大手家電量販店など、多くの店舗が持ち込みでの買取を行なっていて、価格の相場も上がっている」

 実際にいくらで売れるのか。まずはスマホについて、ゲオホールディングスの担当者が語る。

「スマホは機種にもよりますが、昨年の平均買取価格は1万4844円でした。電源が入らないものは個人データを消去できないため買取ができませんが、画面は割れていてもOKです。まずは持ってきていただければ、その場で査定させていただきます」

 中古スマホの販売や買取を手がける株式会社ビロングによると、特に「iPhone8」など数年前に発売されたモデルの人気が高いという。買取担当者が語る。

「iPhone 8は最大1万1500円、iPhone 8プラスならば最大2万2000円で買い取りしています。機能性が高く、ニーズも多い」

 一方、ガラケーはどうか。ガラケーの通信システム規格である3Gのサービス終了を見据え、店舗での買取価格は下がっているようだ。

「ゲオは今年4月から、ガラケーの買取価格が一律で100円になりました」(前出・ゲオ担当者)

 他の買取業者でも100~500円が相場になっている。ただし、インターネット上でフリーマーケットが楽しめるフリマアプリの「メルカリ」では、ガラケーの中古端末が2000~4000円で売買されている。メルカリ愛好者は言う。

「実用性よりもコレクションで集めている人がいるので、高値がつきやすいんです。データの削除など個人情報の管理を徹底的に行なう必要がありますが、出品する人は多いです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。