住まい・不動産

「置かれた場所で咲く」は正しい?都会と地方どちらで暮らすのが良いか考える

時代が進み都会と地方の暮らしはどう変わったか(Getty Images)

時代が進み都会と地方の暮らしはどう変わったか(Getty Images)

 置かれた場所で咲きなさい──これは約10年前にミリオンセラーとなった書籍のタイトルだ。「置かれた場所こそが、あなたのいるべき居場所なのだ」というメッセージは多くの人の心をつかんだが、住む場所によって進学や就職、恋愛や結婚など、大きな差が生じることは必然だ。都会か田舎か、身を置く場所はどちらが良いのだろうか。

 都会は出会いの数が多い半面、一人ひとりのつながりは希薄で孤独を生む──都会暮らしを経て田舎のよさを痛感し、Uターンした夫婦がいる。

 四万十川の上流にある愛媛県・鬼北町で2014年から農家体験民宿「山あじさい」を営む武田七重さん(65才)は大阪で3年働いた後、23才で愛媛に戻ってきた。

「都会は電車の乗り方も複雑で、道や家が入り組み、暮らしていくことが大変だと感じました。もちろん、助けてくれる人や親切にしてくれる人もいたけれど、田舎の生活が染みついた私にとって、都会の複雑さが上回ってしまいました」(七重さん)

 この地で同じくUターンした夫の達也さん(68才)と出会って結婚。七重さんは公務員として働いて定年を迎えてから、両親が暮らしていた実家を改築して「山あじさい」を開業した。路線バスが2時間に1本しかない田舎暮らしだが、このシンプルさが都会よりずっと快適だと笑顔で語る。

「マイカーでどこにでも行けるので交通は不便じゃないし、駐車場もお金がかかりません。年老いて免許を返納してもタクシーチケットで安く移動できますし電車も単線でわかりやすいから、生活においてストレスはまったく感じません」(七重さん)

 教育の地域格差も指摘されるが、達也さんは「純粋に環境だけを比べたら田舎の方が勉強がはかどる」と語る。

「確かに子供を私立に入れようとすると、田舎は財力的に厳しいかもしれません。ですが、車で行ける距離に大学、中高一貫校もあり、子供の学力に不安を感じたことはありませんし、特に厳しく勉強することを強要したこともありませんが、大学院まで進学しました。夜遊びできるような娯楽施設がなく、大自然の中で遊べるので、むしろ田舎の方が教育環境がいい面もあると思います」(達也さん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。