マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

コロナ苦境の飲食店に資金援助したものの廃業 お金は返してもらえるか?

2021年12月1日 16:00 女性セブン

 あなたは「出資」との理解ですが、出資は事業を営むための資金拠出です。営利事業なら利益配当を期待でき、廃業時に財産が残っていれば、出資分に応じた残余財産の分配を要求できますが、残余財産がなければ出資金は戻ってきません。この意味の出資であることを言いたいのであれば、その合意が必要です。

 ここで物を言うのが領収書の記述です。領収書には、お金を受け取った理由が記載されます。借用金、預り金、あるいは店継続が条件などとあれば返還請求できますが、記載がなければ返金の要求は難しいと思います。

 以上はお金の授受の際の店主との合意に基づく検討です。本心は店を廃業するつもりの店主から営業継続のためと言われ、信用して資金援助した場合は、騙されたことになります。資金援助の契約を、詐欺を理由にして取り消し、全額返済を請求できます。しかし、店主が嘘を言ったことを証明するのは難しいことです。

 また、そもそもないところから返してもらうのは不可能です。出したお金の金額から、裁判や調停などの手続きをすることは費用倒れです。粘り強く返金を請求するしかないでしょう。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。射手座、B型。

※女性セブン2021年12月9日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。