家計

「松・竹・梅」「特上・上・並」で真ん中を選ぶ人は損をしている?

選択肢があるように見えるけど、実は…(イラスト/腹肉ツヤ子)

選択肢があるように見えるけど、実は…(イラスト/腹肉ツヤ子)

 50才のときに貯金ゼロ状態を経験した女性セブンの名物記者「オバ記者」こと野原広子さん。「松・竹・梅」の選択肢があると、つい見栄を張ってしまい「梅」は選べないと語るが、はたしてどんな選択がお得なのか。野原さんの体験談とともに、専門家がその心理を解説する。

 * * *
「松・竹・梅」なら竹、「特上・上・並」なら上。「3つのうち、どれにする?」と言われると、私は真ん中を選びたくなる。つい先日も、友達のYちゃんとそこそこ高級な中華料理店でのランチの約束をして、「竹にしようよ」と提案したばかりだ。

 すると、堅実なYちゃんは「期間限定コースの松・竹・梅かぁ(それぞれ7000・5000・3000円ナリ)……う~ん、梅でよくない? そんなに食べられないでしょ」と返してきたから、私は激しく却下した。

「いやいや、絶対に竹だよ。もしお隣のテーブルに松を注文されてごらん。大えびが運ばれてきたのを横目で見ながら、下を向いて小えびのチリソースを食べるわけ?」と。

 ランクが1つ違いならいいけど、2つ違った場合の落差の激しさを想像すると、梅を選ぶなんてありえないわけ。てか、チラリとも浮かばない。で、あの日の中華コースは、フカヒレ入りのスープにあわびの炒め物などなど、竹コースで大成功だったけれど、過不足で言えば「過」なのよね。Yちゃんの言う「梅」でもよかったかなと、本人には絶対に言わないけれどそう思っている。

 ちなみにYちゃんは外資系企業の経理をしている才女で、「貯金がないなんて信じられない! 働いて20年たった独身女は、千万円単位の貯金を持っているのが普通だから」と言うの。驚いたことにその店のカウンターの中にいた、地味めの30代後半の女性も「そうですよね」だって。

 あぁ、もし私が静かに「梅」を選べる女だったら、私だっていま頃……。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。