ライフ

食生活、見た目、趣味…「パートナーの好み」に合わせて後悔したこと

パートナーの好みに合わせすぎしまった結果、待っていたのは…(イメージ)

パートナーの好みに合わせすぎしまった結果、待っていたのは…(イメージ)

 パートナーの趣味や趣向に合わせて、髪型や食生活、服装など自分のスタイルを変える人がいる。自主的に合わせたという人もいれば、中には相手に頼まれて仕方なく合わせたという人もいるだろう。しかし、いくら好きなパートナーのためとはいえども、自分の価値観とかけ離れた変更であればあるほど、後悔をすることになる。彼/彼女らが経験した、失敗エピソードを紹介しよう。

夫の食生活に合わせたら激太り

「夫の食生活に合わせていたら、15キロ太ってしまいました。そんな私を好きと言ってくれるのはうれしいのですが……複雑な思いです」

 そう嘆くのは、メーカーで働く30代女性・Aさんだ。独身時代はやせ型だったが、「すっかりぽっちゃり体型になってしまった」と笑う。

「夫の趣味がラーメン屋と焼肉屋めぐりで、交際当時からよく連れて行ってもらいました。それまでの私は、基本ヘルシー路線で、脂っこいものはあまり食べていませんでしたが、夫に合わせていたら、食生活が一変。昔は量が多かったり脂っこかったりすると、食べきれずに夫に食べてもらうのが恒例でしたが、今や全部食べられるようになりました」(Aさん)

いつの間にかご飯も“大盛り”がAさんの“デフォルト”に…(イメージ)

いつの間にかご飯も“大盛り”がAさんの“デフォルト”に…(イメージ)

 当然ながら体重は激増。一方の夫は昔からスレンダーなままで、そんな夫を見るにつけ、Aさんはモヤモヤすると明かす。

「夫はふくよかな人のほうが好きと言ってくれるので、それはいいのですが、私は納得がいかない(笑)。とはいえ私の健康診断の数値が良くなかったので、さすがに夫も心配そうにしてくれました。今は少しヘルシーを意識して、ダイエットに挑戦中です。食生活は、ある程度好みや習慣が合った人と結婚した方がストレスフリーなのは確かなのではないでしょうか。夫が太らないのが本当に不思議です」(Aさん)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。