マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

寝落ち通話の進化系?「リモート同棲」経験者たちが語るその実態

2021年8月2日 16:00 マネーポストWEB

コロナ禍でなかなか会えないから「繋ぎっぱなし」に(イメージ)
コロナ禍でなかなか会えないから「繋ぎっぱなし」に(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、交際のあり方も大きく変えているようだ。オンラインデートや、一度も直接会わずに交際開始する人など、「会わない恋愛」も注目されるなか、カップルの間でも「リモート同棲」という新たなつながり方が話題になっている。端的に言えば、2人が別々の場所に住みながら、LINEなどの無料通話アプリを使って常時通話をオンにし、コミュニケーションを取り続けるというスタイルだ。まるで一緒に住んでいるかのように相手のことを身近に感じられることから“同棲”という言葉が使われているが、その実態はいかなるものか。カップル間の“繋ぎっぱなし”経験者に生の声を聞いた。

 IT企業に勤める30代女性・Aさんは、「LINEでリモート同棲」と聞いた時、懐かしさを覚えた。古くは学生時代から、PHSの「WILLCOM(ウィルコム)」と無料通話サービス「Skype」を利用し、「寝落ち通話」をしていたからだ。

「高校時代、WILLCOM同士なら通話無料なので、彼とおそろいの携帯を購入してよく長電話をしたものです。ただし無料といっても、通話が2時間45分を超えるとお金がかかってしまう。時間を気にしながらも、ついついそのまま寝てしまって、翌朝慌てたことが何度もありました。大学時代は寝る前にPCからSkypeに接続して、彼と話しながらよく寝落ちしていました。寝る前の通話は、なんとなく一緒に寝ている、という感覚を味わえるのがいいんですよね」(Aさん)

 カップル同士が“繋ぎっぱなし”にするのは今に始まったことではないということだ。とはいえ、常時となると話は変わってくる。ストレスはないのだろうか?

「やる前は“監視”に近いイメージでしたけど、実際にしてみると、結構楽しいです」

 そう感想を語るのは、メーカーに勤める30代男性・Bさんだ。自身は東京都、20代の彼女は静岡県に住む遠距離恋愛中。コロナ禍で県をまたぐ移動がはばかられる中、昨年の夏から“リモート同棲”を始めたという。

「コロナで彼女と会えなくなってから、『今、何しているの?』『返信遅いけど仕事中?』など、こちらの動向をやたら伺うような内容のメッセージが増えて、既読してすぐに返信しないと電話がかかってくるようになりました。ただでさえ遠距離なのに、全く会えないとなると、不安がどんどん募っていったのでしょう。そこへ彼女から“常時接続”という形を提案されたので、物は試しとやってみることにしました」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。