ライフ

年末ジャンボ「宝くじ売り場」の戦い 神社参拝、福小槌など験担ぎも様々

出雲大社近くから取り寄せたという小槌(新潟の柏崎MEGAドン・キホーテチャンスセンター)

出雲大社近くから取り寄せたという小槌(新潟の柏崎MEGAドン・キホーテチャンスセンター)

 年末ジャンボ宝くじの販売が11月24日にスタート。ビッグチャンスを狙って、宝くじ売り場に向かうファンも多いだろう。一方の宝くじ売り場も、高額当せんを引き寄せようと、いろいろな取り組みをしているという。そんな「宝くじ売り場の戦い」の様子をレポートしよう。

 販売員歴たった半年ながら「幸運の女神」が購入客を出迎えるのは、「地下鉄山科駅前売店」(京都市山科区)だ。今年10月のハロウィンジャンボで前賞と後賞1億円が1本ずつ出た。そのうちの1本は、同売り場で当せん確認が行われた。

「バラで30枚購入された30代くらいの女性でした。自分でも当たっているかどうかわからないので“調べてほしい”と、こちらで購入した宝くじ券を持って来られたんです。1億円の当せんがわかると、お客様は“えっ! 信じられへんわ”とおっしゃって、涙を流されていました」

 そう話すのは、販売員歴半年の森嶋さん。働き始めるにあたって、宝くじで有名な「御金神社」(京都市中京区)に参拝し、購入したお守りをいつもペンケースに入れて持ち歩いている。

 店頭には、外れ券を回収するボックスが設置されていて、そこに貼られている招き猫のワッペンをなで、「次はリベンジしたい」とゲン担ぎをする客が多いという。

 売り場の壁一面に掛けられた開運絵馬が印象的なのが、「柏崎MEGAドン・キホーテチャンスセンター」(新潟県柏崎市)だ。

「年末ジャンボ1等当てる!」
「大大大当たりしますように」
「幸運がきますように」

 絵馬には思い思いの願いが綴られている。昨年のドリームジャンボで1等と後賞合わせて4億円を出した同売り場は、2010年の年末ジャンボで1等3億円、2等1億円、3等100万円を3本出した、「年末ジャンボに強い売り場」でもある。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。