マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

意外と売れる不要品 入試参考書は「○○大学合格」と明記で高く売れることも

2021年12月23日 19:00 週刊ポスト

もう捨てようと思っていた参考書に思わぬ高値がつくことも(イメージ)
もう捨てようと思っていた参考書に思わぬ高値がつくことも(イメージ)

 ニッセイ基礎研究所が2018年に発表した「みんなのかくれ資産調査委員会」のレポートでは、家庭に眠る不要品は総額37兆円を超え、1世帯あたり約70万円の額になると推計されている。

 大掃除で捨てる予定のゴミから思わぬお宝が見つかるかもしれないのだ。リサイクルアドバイザーの泉澤義明氏が語る。

「不要品だとばかり思っていたモノでも、インターネットを介した売買サイトでは思わぬ金額で取引されることがあります」

「メルカリ」や「ヤフオク!」といったインターネットの個人売買サイトでは、一見ガラクタの商品でも値段が付いて取引されているケースがあるという。フリマアプリアドバイザーの川崎さちえ氏が言う。

「もはや使い道のない黒電話が1万2000円で売れたケースもあります。年末の大掃除で家中を探せば、総額5万~6万円くらいになることは珍しくないでしょう」

 実際に値が付くのは、「捨てようと思っていた意外なもの」が少なくないという。具体的にどういった物が売れるのか。

「大学入試などの参考書は、1冊数百円から1000円ほどで売れます。たとえ参考書に書き込みがあっても心配無用。むしろ『これで○○大学に受かりました』と明記して出品することで、縁起を担いだりする人が現われて、かえって割高で売れることもあります。また、専門的な資格系の参考書なら、1冊1000円を超えることも珍しくありません」(泉澤氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。