家計

フリマアプリでも「昭和レトロ」ブーム 家電は「壊れていても売れる」

メタルテープが高値で取引されるケースもあるという

メタルテープが高値で取引されるケースもあるという

 年末の大掃除で捨てる予定のゴミから思わぬお宝が見つかるかもしれない。リサイクルアドバイザーの泉澤義明氏が語る。

「不要品だとばかり思っていたモノでも、インターネットを介した売買サイトでは思わぬ金額で取引されることがあります」

 ここ数年、中古品の売買でブームとなっているのが「昭和レトロ」なアイテムだ。フリマアプリアドバイザーの川崎さちえ氏が言う。

「昭和40年代の『花柄ポット』を象印が復刻して話題になるなど、昭和の“レトロ可愛い”商品が若い世代から注目を集めています」

 レトロな花柄やフルーツ柄などが描かれたグラスが5個セット1500円ほどで取引される。景品などでもらったものの、眠ったままの食器がお金になるのだ。

 土産物や置物にも意外なニーズがある。

「北海道のお土産としてよく販売されている木彫りの熊は民芸品コレクターから需要があります。サイズによりますが、1000~5000円ほどで取引されています。

 同様に、ご当地キーホルダーやタペストリーもニーズがあります。昭和の時代に観光地で販売されていたような地名の書かれたキーホルダーやタペストリーは、昭和のデザインを求める愛好家に好まれます。まとめ売りをすると、1セットで1000円ほどになることも」(川崎氏)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。