マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニの「ポークソーセージおむすび」食べ比べ ボリューム感No.1は?

2021年12月19日 15:00 マネーポストWEB

左からセブン-イレブン『がっつり炙り焼きソーセージのおむすび』、ローソン『温めて食べる! 直火焼粗挽きポークソーセージマヨネーズおにぎり』、ファミリーマート『SPAMむすび』
左からセブン-イレブン『がっつり炙り焼きソーセージのおむすび』、ローソン『温めて食べる! 直火焼粗挽きポークソーセージマヨネーズおにぎり』、ファミリーマート『SPAMむすび』

 沖縄生まれのおにぎりとして知られる、「スパムむすび」。“スパム(SPAM)”の商品名で知られるランチョンミートとごはんをのりで巻いたもので、最近ではコンビニでも販売されており、日本全国で楽しむことができる。この傾向について、コンビニグルメに詳しいライターの小浦大生氏はこう紹介する。

「現在ファミリーマートが、“SPAM”を使った『SPAMむすび』という商品を販売しています。セブン-イレブンとローソンでは、“SPAM”を使っているわけではないものの、ランチョンミート(ポークソーセージ)を使ったおにぎりを販売中。コンビニおにぎりのメインとまではいきませんが、お肉系おにぎりの定番として人気を獲得しています」

セブン-イレブン『がっつり炙り焼きソーセージのおむすび』(上)、ローソン『温めて食べる! 直火焼粗挽きポークソーセージマヨネーズおにぎり』(下左)、ファミリーマート『SPAMむすび』(下右)
セブン-イレブン『がっつり炙り焼きソーセージのおむすび』(上)、ローソン『温めて食べる! 直火焼粗挽きポークソーセージマヨネーズおにぎり』(下左)、ファミリーマート『SPAMむすび』(下右)

 そこで今回は、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、コンビニ3社の“ポークソーセージおむすび”を実食比較する。取り上げた商品は、12月13日の時点で東京都内で販売されているもの。また、すべて電子レンジで温めてから試食した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。