マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

現役生保社員たちが分析 「コロナ保険」「認知症保険」が抱える問題点

2022年1月6日 15:00 女性セブン

最近、新しい種類の生命保険も続々と登場しているが…(イメージ。Getty Images)
最近、新しい種類の生命保険も続々と登場しているが…(イメージ。Getty Images)

 大きなけがや病気だけでなく、いつ認知症やコロナにかからないとも限らない。もしもに備えて保険加入を考えている人は少なくないだろうが、要注意。営業職員に言われるまま契約した生命保険・医療保険では、むしろ損になることもあるという。

 業界事情をよく知る現役生保レディーのA子さん、保険代理店支社長のB男さん、保険代理店を営むC太さん、大手保険会社派遣社員のD美さんの4人に“本音”を聞いた。【全4回の第4回。第1回はこちら

認知症保険は適用要件が厳しい

C太:最近「コロナ保険」とか、「認知症保険」をよく見ますよね。正直、あまり売れてはいませんが。コロナの医療費は全額公的負担だからコロナ保険は不要ですし、民間の介護保険に入っていれば、認知症でなくても、要介護認定を受けると一時金が出ますので、そこを踏まえて検討した方がいいですね。

D美:ふつうの医療保険に入っているなら、わざわざコロナや認知症に特化したものに入るメリットって、ないですよね。

A子:介護保険なら幅広いけど、認知症保険は認知症にならないと保険金がおりませんから。というか、認知症保険が話題になっているんじゃなくて、認知症そのものが話題になっているだけかもしれない。

B男:認知症保険って、保険料が高い割に、「要介護2以上」など、適用要件が厳しいことが多くて、使い勝手がいいとは言い難い。

 私なら、同じ金額で積み立て運用します。シンプルに、貯蓄を増やしておけば、認知症になってもならなくても、老後資金に活用できますから。

A子:100万円が受け取れる認知症保険がありますね。50才女性の場合、保険料は月1182円、仮に85才まで払うと約50万円。「50万円払って100万円もらえる」というとお得な気がしますが、結局50万円しかもらえないんですよ。そもそも認知症にならなければ、払った50万円を損しますが……そのお金を年数分運用した方が、もっとお金が増えるかもしれないし、わざわざ使い道を限定するのは得とは言えませんね。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。