ビジネス

赤外光を利用する「窓ガラス発電」 山林切り開く必要なく環境にも優しいと期待高まる

赤外光を使った太陽光発電に挑戦する京都大学化学研究所准教授の坂本雅典氏

赤外光を使った太陽光発電に挑戦する京都大学化学研究所准教授の坂本雅典氏

 早ければ2030年に気温が1.5℃上昇するという予測もある中、地球温暖化を防ぐにはどうすればよいのか。人類の危機に立ち向かう科学の最前線を追った。

 人類は太陽のエネルギーから様々な恩恵を受けているが、人類が主に使っているのは目に見える可視光。例えば一般的に知られている太陽電池は、この可視光を利用したものだ。

 しかし、太陽光のうち約44%を占めるのが赤外光だ。波長が長く、人の目には見えないだけでなく、街中ではヒートアイランド現象の一因となり、人体には熱中症を引き起こすという、やっかいな存在だ。

 赤外光のエネルギー変換はこれまでも試みられてきたが、効率が低く、実現は不可能と考えられてきた。

 この赤外光を使った太陽光発電に挑戦しているのが、京都大学化学研究所准教授の坂本雅典氏だ。

 坂本氏がエネルギー変換のための赤外線吸収材として開発したのが、ナノサイズの小さな粒子だ。様々なナノ粒子で試すことで、これまでより格段に高い効率で、赤外光から燃料となる水素を作ることに成功した。今、坂本氏が社会実装に向けて取り組んでいるのが、ナノ粒子を使った透明太陽電池研究である。

「赤外光を効率よくエネルギー変換できれば、人類は太陽からもっと大きな恩恵を得られます」(坂本氏)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。