マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

世界的インフレ加速もあるか カリウム肥料価格上昇の背景とその影響

2022年1月12日 19:00 マネーポストWEB

カリウム肥料価格はなぜ上昇しているのか(Getty Images)
カリウム肥料価格はなぜ上昇しているのか(Getty Images)

 世界的なインフレを加速させる要因となるのだろうか──。中国ではカリウム肥料価格の上昇が目立ち始めた。塩湖股フェン(000792)が12月末、2021年1月のカリウム肥料(塩化カリウム、カリウム60%含有の基準製品)の価格を300元/トン引き上げ、3490元/トンにすると発表した。同社は投資家の間ではリチウム電池などに使われる炭酸リチウムの大手メーカーとして認知度が高いが、カリウム肥料生産の大手でもある。

 2000年代前半から後半にかけて中国の“爆食”が世界の大きな関心事となったが、穀物の需要が増えれば肥料の需要も増える。グローバルで塩化カリウムの増産が急ピッチで進められた。しかし、増産ペースは実際の需要増加よりも速く、塩化カリウムは深刻な生産過剰に陥った。中国国内では2008年9月をピークに価格は急落、その後長い下落トレンドが続いた。

 しかし、2021年初旬にようやく底打ちすると、今度は急騰し始め、足元では底値に対して200%超の上昇率となっている。

 その要因は主に2つある。ひとつは、グローバル規模での穀物価格の急騰だ。シカゴ商品先物取引所に上場するトウモロコシ、小麦、大豆などの先物価格は2020年後半あたりをボトムに急騰した。昨年春ごろに一旦ピークアウトして戻したが、後半に入ると再びじりじりと上昇し始めた。

 コロナ禍により、生産や流通が影響を受けたといった供給側の要因に加え、そこから経済が回復する過程で穀物需要が伸びるといった見通しが価格を押し上げたと考えられる。穀物の作付面積が増える見通しが、塩化カリウムの需給逼迫、価格上昇を引き起こした。

 一方、供給サイドでは思わぬ理由で塩化カリウムが不足する事態が発生した。

 塩化カリウムの埋蔵量では、カナダが最も多いが、それにロシア、ベラルーシが続き、中国は第4位である。中国では、カリウム資源が乏しい。長期にわたり輸入に依存する供給構造となっており現在、およそ50%前後を輸入に頼る状態となっている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。