マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

食料品価格高騰の中で“値下げ”に踏み切った餃子店のビジネス戦略

2021年12月3日 16:00 マネーポストWEB

食料品価格高騰で飲食店が苦境に喘ぐなか、値下げを行った「肉汁水餃子 餃包 六本木交差点」(写真/坂田さん提供)
食料品価格高騰で飲食店が苦境に喘ぐなか、値下げを行った「肉汁水餃子 餃包 六本木交差点」(写真/坂田さん提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、長期間の時短要請などで打撃を受けていた飲食店にも徐々に活気が戻りつつある。しかしここに来て、経済の回復に水を差しているのが、原油や物流費の高騰などによる世界的な食料価格の値上げだ。国連食糧農業機関(FAO)が発表する世界食料価格指数は右肩上がりで、今年10月は前月比4ポイント高い133.2と、2011年7月以来10年ぶりの高水準となっている。

 小麦粉や豚肉など多くの食品の仕入れ価格が高騰し、外食チェーンのロイヤルホールディングスや味の素冷凍食品、牛丼チェーンの吉野家など、大手企業が相次ぎ値上げを発表。当然飲食店への影響も甚大で、コロナ禍から回復に向かおうという時に、追い討ちをかけるように経営を圧迫しているのだ。

 しかし、そんな状況の中、あえて“値下げ”に踏み切った飲食店もある。そのひとつが、都内に3店舗を構える餃子店「肉汁水餃子 餃包(ぎょうぱお)」だ。11月16日から、看板メニューの「餃包(4個入り・白湯スープ付)」の価格を1089円から990円(税込)へ10%の値下げを行った。なぜ仕入れ価格が高騰する今、値下げに踏み切ったのか。同店を運営する株式会社アールキューブ代表・坂田健さんに話を聞いた。

「小麦粉や豚肉を扱う餃子が主力商品なので、原材料費の高騰が直撃しているのは間違いありません。しかし当社の場合、自社の工場で原料から製造して販売まで行っているので、原価率を低く抑えられ、実はそれほど苦しい状況ではないんです。また、店舗の立地が六本木、池袋、新宿でもともと商品の価格を高めに設定していたこともあって、価格設定にも余裕がある状況でした。

 だったら、クリスマスや忘年会シーズンを控え、せっかくコロナ禍から経済が回復しようとしているタイミングに、あえて値下げを行った方が需要を呼び起こせると考えたんです。原材料費高騰で困っているのは仕入れ業者も同じなので、できる限り企業努力で売上げ向上を目指せば、大量仕入れすることでお互いにとってプラスになります」(坂田さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。