マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

せっかく買ったのになぜ?「自転車に乗らなくなった」都会暮らしの人たちの事情

2022年2月21日 15:00 マネーポストWEB

便利に使えると思って自転車を買ったはずなのに…(イメージ)
便利に使えると思って自転車を買ったはずなのに…(イメージ)

 手軽に移動する手段として重宝される自転車。ちょっとそこまでの買い物や、運動不足解消のために、日々利用している人も多いのではないだろうか。その一方で、都会で一人暮らしする人たちの中には、「便利だと思って買ったけど乗らなくなった」という人たちもいるようだ。春の新生活を前に購入を検討するか否かの判断基準として、「自転車生活と相性が悪かった」と言う人たちの声を紹介しよう。

憧れのクロスバイク購入も乗るのが怖くて断念

 都内のIT企業に勤務する20代の男性・Aさんは、学生時代から自転車をよく利用していた。電車で何駅もの距離を自転車で通学していたこともあり、社会人になっても当然生活に欠かせないと考えていた。

「大学時代から一人暮らしをしていたのですが、自転車は“足”として重宝していました。ママチャリですが、キャンパス内も自転車で移動していましたし、交通費の節約にもなり、生活必需品でした。社会人になった時も、自転車で通勤する気満々でした」(Aさん)

 そしてAさんは就職するとお金を貯め、念願だったというクロスバイクを購入した。

「社会人になったら、ママチャリじゃない自転車がほしいとずっと思っていました。好きな漫画の影響からロードバイクに憧れていたのですが、本格的すぎると思ったのでクロスバイクを選択。自転車屋さんで選ぶのは楽しく、どれもかっこよくて惚れ惚れしました。選んだのは、イタリアのブランドの真っ赤なもの。10万円以上する高いものでしたが、ママチャリとは比較にならないくらい軽くて走りやすい。僕は車も原チャリも乗らないんだからと、奮発して買いました」(Aさん)

 最初は快適な乗り心地に満足していたAさんだが、都会特有の事情から自転車の使い勝手の悪さを感じるようになり、次第に使用する機会が減っていったという。

「気に入って、最初は都内から横浜のほうまで走りに行ったりしていたんですが、だんだんと乗るのが怖くなりました。まず都内だと、車の交通量が多い場所も多い。幅寄せする車や、いきなり停止する車には注意していました。風が強い日はフラッと揺れますし、車を運転する人にとっても自転車は怖いだろうなと。

 また道路がドラックの車輪の跡などで削れていることもあって、クロスバイクくらいの細いタイヤだと、その溝にハマってしまって危ないこともありました」

 そしてある“事件”をきっかけに、ほとんど乗らなくなったという。

「駅のそばの駐輪場に停めていた時、2時間ほどして戻ってみると、タイヤが器用に抜かれていたことがあったんです。自転車仲間から、サドルやライトが盗難に遭うという噂は聞いていたのですが、まさかタイヤが……とびっくりしました。盗難に遭うかも、とビクビクしながら乗るのはストレスになるので、高い自転車は考えものだなと(笑)。結局、あまり乗らなくなったので、郊外に引っ越した弟にあげました」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。