マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

投資ビギナーなら「全世界型分散投資」に注目 「10倍株」は至難の業

2022年3月1日 19:00 女性セブン

将来有望な投資先をどう探すか(イメージ)
将来有望な投資先をどう探すか(イメージ)

 投資を始めるにあたって、せっかくなら大きく儲けたいと考える人は多いだろう。だが、大きなリターンを狙おうとすれば、リスクが大きくなるのも、当然のこと。過去に株価が劇的に跳ね上がった「10倍株」(テンバガー)がいくつも存在するのは事実だが、日本株の中から今後10倍になる株を探すのは、至難の業だろう。楽天証券経済研究所所長の窪田真之さんが説明する。

「米国を代表する株価指数のニューヨークダウが過去30年ほどで10倍になっているように、日経平均もバブル前は10倍になったこともあります。バブルの頃はいくらでも10倍株がありましたが、これらの多くは、高度成長期やバブル期の頃の話で、経済成長が終わるにしたがって減ってきました。

 日経平均は、リーマン・ショック直後の2008年と比べると4倍弱に上昇しており、なかには10倍高になった株もあります。しかし、すでに10倍になった株は、そのまま上昇し続けるとは考えられません」

 では、実際に国内で10倍株となったものには、何があるのだろうか。ユニクロを展開するファーストリテイリングは、十数年前の株価は6000円ほど。現在の株価は6万円台なので、当時買っていれば、10倍株ということになる。家具やインテリアのニトリホールディングスなども、同じように時間をかけて、10倍株になっている。

「ユニクロもニトリも、安くていいものをつくることで高成長を実現してきた結果、業界内で高いシェアを占め、参入障壁を高くすることで競争に打ち勝ってきた。このように、市場の成長性が高く、市場でのシェアが高く、他社が参入するハードルが高い“3高”を満たす会社は、株価もどんどん上がっていく傾向にあります。ただし、すでに10倍になっている株は、この先も10倍株として期待できるかというと、話は別です」(窪田さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。