マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

初心者こそ挑戦したい「月3000円積立投資」のメリット 自然と節約上手に

2022年2月28日 19:00 女性セブン

「毎月3000円を投資に回す」と決めることが、先取り貯蓄としての役割も果たすという
「毎月3000円を投資に回す」と決めることが、先取り貯蓄としての役割も果たすという

【「投資初心者のつみたてNISA活用術」後編。前編を読む】
 一般的に「投資」といえば、個別の株を買って株価上昇時に売る「株式投資」をイメージする人が多いかもしれない。だが、ある程度の利益を狙うのであれば数万~数十万円のまとまった資金が必要となるうえ、一度に投じるお金が大きいほど株価下落時のリスクも大きい。

 一方、長期にわたって安定した利益を目指すのが「長期・積立・分散」による投資法で、「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」もそれに該当する。複数の株や投資信託などの商品に分散して投資し、少額をコツコツと積み立てていくため、長く続けるほど利益が出やすく、株価の下落時も慌てずに済む。一度買ったら、ほったらかしでもいつの間にかお金が増えていることもあり、初心者に適した投資方法といえるだろう。

 つみたてNISAは、年間40万円までなら、その後最長20年間、非課税で運用できる。そして商品によってはひと月100円からでも始められる。2月9日にはLINE証券がつみたてNISAの提供を開始し、口座開設から売買までスマホ1台で完結することもできるようにもなっている。手軽に安く始められるのが魅力だが、やはり積立額があまりにも少ないと、得られる利益も微々たるものになってしまう。

 家計再生コンサルタントの横山光昭さんによれば、投資初心者のベストな積立額は「月々3000円」だという。

「月々3000円は、飲み会を1回がまんする程度の節約で、簡単に捻出できる金額です。万が一投資で損してしまったとしても、大きな痛手にはなりません。また、普通の貯金と並行しながらでも捻出できる金額なので、貯金と投資を同時にでき、安心感が高まります。投資が怖いという人ほど、月々3000円での投資信託にチャレンジしてみてほしい」(横山さん・以下同)

 つみたてNISAなら、最大20年間運用できる。仮に毎月3000円ずつ、利回り3%で運用できた場合、20年後には元本は72万円、運用益は26万5000円で、合計98万5000円を非課税で持っておくことができるようになる。実際に「子供の大学入学までに、教育資金として700万円を貯めたい」などと、月々3000円の投資を始めた場合位、目標金額を大幅に超えることも珍しくないだろう。

「月々3000円から始めて、少しずつ投資金額を増やしていけば、5~10年で1000万円にまでお金を“育てる”のも夢ではありません」

 チリも積もれば山となる──月3000円は、そのための第一歩なのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。