マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

ホワイトアウトによる追突事故 「視界不良」に免責の可能性はあるか?

2022年3月7日 15:00 週刊ポスト

予期せぬ悪天候下での運転で事故を起こした場合、運転手の責任はどうなる?(イメージ。Getty Images)
予期せぬ悪天候下での運転で事故を起こした場合、運転手の責任はどうなる?(イメージ。Getty Images)

 大雪などの悪天候での自動車の運転には危険がつきものだ。突発的な天候不良などが原因となり発生した交通事故の場合、事故を起こしたドライバーの責任が免除される可能性はあるのだろうか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 東北の実家に帰省したら、ホワイトアウトのお出迎え。家は国道沿いにあり、どの車も速度を落とし運転していたのですが、いきなり車の衝突音がし、現場は右往左往状態。そこでお訊ねしたいのですが、ホワイトアウトのような予期せぬ気象状況に陥った場合、事故を起こした運転手の責任は免除されますか。

【回答】
 ドライバーには、「道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法」で安全運転を行なう義務があり、また、「直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるための必要な距離」である車間距離保持義務もあります。車間距離は運転速度に左右され、道路舗装の種類や乾湿の度合いなどでも変わりますが、概ね走行速度(km)マイナス15m程度といわれています。

 降雪時に減速し運転していても、その速度に対応できる十分な車間距離を取っている必要があります。道路上に積雪があれば、より慎重な運転が求められます。走行中、急に降雪がひどくなり、前が見えなくなるホワイトアウトの状態になれば、自車の前方に何があるかわからないのですから、直ちに停止するのが原則です。

 見えなくなった先行車両が急停車していたとしても、十分な車間距離を取って走行していれば、自車を停車させることにより、追突事故は回避可能です。以上のような理由で、車間距離が不十分なために起きた追突事故の場合、責任を免れるのは難しいと思います。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。