マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

ふるさと納税返礼品、地元住民の思いを踏みにじる名産品の“産地偽装”問題

2022年3月25日 7:00 女性セブン

地元の名産品だと思っていたら、まったくの嘘だった?(イメージ。Getty Images)
地元の名産品だと思っていたら、まったくの嘘だった?(イメージ。Getty Images)

 遠方への旅行が困難になったコロナ禍、全国各地の返礼品をもらえるふるさと納税制度が、ますます盛り上がっている。2021年度、東京23区からは、実に計540億円以上が寄付された。

 だが、そんなムードに冷や水を浴びせるような事件が発生した。産地偽装を行っていたうなぎのかば焼きが、奈良県大和高田市のふるさと納税の返礼品に使われていたのだ。同市は返金を希望する申込者に、納税分全額を返金すると発表している。

 ふるさと納税返礼品の産地偽装は、3年前にもあった。2019年8月、岩手県八幡平市は、地元で採れる「岩手山まつたけ」を返礼品としていたが、実際に申込者のもとに届けられた一部は県外産のまつたけだったことがわかった。

 岩手県警からの情報によって事件が発覚し、市からふるさと納税業務の委託を受けていた業者2名が逮捕、うち1名は起訴されて現在も裁判中だという。

 八幡平市は、偽装が発覚してすぐにふるさと納税制度をストップ。2021年度から新たな委託業者が運営しているが、まつたけに関しては市が管理している。収穫者を明確にし、収穫数に応じた受けつけや、不作だった場合の対応の明記など、地元のまつたけの品質を守るために取り組んでいると話す。

 事件当時、八幡平市の市長だった田村正彦さんはこう振り返る。

「八幡平市がふるさと納税を始めたのは2017年6月からでした。返礼品は地元の農作物などで、最も人気だったのがまつたけです。しかし、まつたけが不作で、収穫量が足りませんでした。初年度は委託業者から報告があり、寄付してくださったかたには別の返礼品をお送りするか、翌年までお待ちいただくか、希望を伺って了解を得てもらいました。

 ですが、翌年は何の報告もないまま、申込者への了解も得ず、県外産のまつたけを岩手山まつたけとして発送していた。市が把握したのも、事件発覚後でした」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。