マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニグルメ値上げ、消費者への影響は?「ステルスじゃない」ことへの評価も

2022年3月18日 15:00 マネーポストWEB

昼食にコンビニを利用する会社員も少なくないが…(イメージ)
昼食にコンビニを利用する会社員も少なくないが…(イメージ)

 値上げラッシュが家計を直撃しているが、生活に身近なコンビニグルメにもその波は及んでいる。ローソンは、3月8日から一部商品の値上げを行っている。公式サイトでは、〈昨今の小麦や食用油などの原材料価格の高騰、包材や輸送コストなどの上昇と世界情勢の急激な変化により、現行価格でのご提供が困難な状況〉となったことが要因と説明。対象商品は〈おにぎり、寿司、調理麺、調理パン、サラダの一部商品〉で、税込みでおよそ2~14%の値上げになる。身近なコンビニでの値上げについて、消費者はどう受け止めるのか――。

値上げ公表は好感度アップにつながる?

ローソンが発表した「一部商品の価格改定に関するお知らせ」(公式サイトより)
ローソンが発表した「一部商品の価格改定に関するお知らせ」(公式サイトより)

 今回値上げされた商品例として、ローソンの公式サイトで紹介された『たまごサンド』であれば税込み価格228円から246円に、値上げ率約8%で18円の値上げだ。コンビニ事情に詳しいライター・小浦大生氏はこう話す。

「数十円程度の値上げといえど、おにぎりやサンドイッチなど、日常的に購入する人も多い商品なので、そういう人にとっては厳しいのは確か。たとえば、1日20円ずつ支払うお金が増えたとしたら、1年間で7300円のお金を余計に使うことになります」

 ネット上でも、コンビニでの値上げに悲鳴を上げる声は多いが、そういったなか、〈ステルス値上げよりかは宣言してくれた方がいいと思います〉といった意見もある。

“ステルス値上げ”とは、値段はそのままで分量が減らされることにより、消費者にとっては実質的な“値上げ”となること。これまでネットを中心に、コンビニ商品の“ステルス値上げ”疑惑は度々話題にのぼっていた。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。