マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

マクドナルド、値上げで逆に際立つ「価格据え置きメニュー」のお得感

2022年3月20日 15:00 マネーポストWEB

20円値上げするマクドナルドの『ハンバーガー』と、価格据え置きの『ビッグマック』
20円値上げするマクドナルドの『ハンバーガー』と、価格据え置きの『ビッグマック』

 日本マクドナルドは、3月14日から『ハンバーガー』、『チーズバーガー』、『ダブルチーズバーガー』、『てりやきマックバーガー』など、一部商品の値上げを行った。値上げ幅は税込み10~20円で、対象メニューを含むセットも同じ金額分値上げする。同社によると、〈昨今の小麦や牛肉をはじめとする原材料価格の高騰や人件費、物流費の上昇などを受け、慎重に検討した結果〉の価格改定だという。全国に2900店舗以上を構えるマクドナルドの値上げとなると、その反響も大きいが、価格据え置きのものもある。値上げばかりが注目されがちだが、消費者はどう受け止めるのか。

値上げされるメニュー、価格据え置きのメニュー

 今回、価格が改定されたメニューと、その新価格は以下の通りだ。

『ハンバーガー』110円→130円
『チーズバーガー』140円→160円
『チキンクリスプ』110円→130円
『ダブルチーズバーガー』340円→350円
『てりやきマックバーガー』340円→350円
『フィレオフィッシュ』340円→350円
『ソーセージマフィン』110円→130円
『チキンクリスプマフィン』140円→160円
『マックグリドル ソーセージ』150円→170円
『マックシェイク Sサイズ』120円→130円
『マックフルーリー オレオ クッキー』240円→250円
『チキンマックナゲット 15ピース』580円→590円
『サイドサラダ』280円→290円

 一方、『ビックマック』(390円)、『マックフライポテト』(Sサイズ150円、Mサイズ280円、Lサイズ330円)、おもちゃのおまけがついてくる『ハッピーセット』、平日ランチタイムのセットメニュー『バリューランチ』は、価格据え置きとなる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。