マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

丸亀製麺「うどん弁当」開発の裏側 苦労した“おかず”はのり弁がヒント

2022年3月29日 7:00 女性セブン

「できたてのうどん弁当」という唯一のものを形にした(写真は『えびとまいたけ天のうどん弁当』。3月29日発売予定)
「できたてのうどん弁当」という唯一のものを形にした(写真は『えびとまいたけ天のうどん弁当』。3月29日発売予定)

 ヒット商品誕生の裏側にはどのような苦労があったのか──。コロナ禍にデビューを果たし、昨年4月、発売2週間で100万食を突破したとして話題になった、丸亀製麺の『丸亀うどん弁当』。その誕生の裏側を開発担当者に聞いた。

弁当なのにうどんがもっちりつるつる

 コロナ禍でテイクアウトの需要が高まっていた2年前、「“うどんを弁当にできないか?”という社長の鶴のひと声で開発が始まりました」と、『丸亀製麺』を運営するトリドールホールディングスで、商品開発を担当した浦郷裕介さんは当時を振り返る。

「できたてのうどん弁当という、この世にない唯一のものを形にしたかったんです。元々あるテイクアウト容器は丸形ですが、弁当といえば四角い形。専用の四角い容器に、打ちたて、ゆでたての麺や天ぷらを注文いただいてから詰めることで、もっちり感ある状態でご提供しています」

 さらに、うどんに合う“おかず”にも苦労したという。

「ナポリタンや焼きそばを添えてはどうかと迷走したことも(笑い)。やっぱり“うどんに合うのは天ぷら”だと原点に返りました。のり弁をヒントにちくわ天は小さめの磯辺揚げにして、野菜かき揚げもお弁当仕様にしています」

 すべてのうどん弁当にちくわ磯辺天、野菜バラ天、きんぴらごぼう、玉子焼きが入っている。冷たいぶっかけうどんと温かいかけうどんが選べる。定番は390円とお手頃価格。

 熱い思いが詰まった弁当は、まもなく1周年を迎え、2000万食を達成する勢いだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。