マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「夢の認知症薬」開発 エーザイはなぜ“事実上の撤退”となったのか?

2022年4月1日 7:00 週刊ポスト

当初、エーザイは新薬の年間売上高を1000億円以上と見込んでいたが…(写真/AFLO)
当初、エーザイは新薬の年間売上高を1000億円以上と見込んでいたが…(写真/AFLO)

 アルツハイマー型認知症の進行抑制が期待される世界初の治療薬「アデュカヌマブ」。2021年に米国で承認され、日本でも“夢の治療薬”と大々的に報じられたが、その後、様々な課題が指摘された。この薬は“夢のまま”終わってしまうのか──。

「承認過程での反対意見によってアデュヘルム(商品名)の販売に大きな影響が出るとは想定していなかった」

 3月16日、製薬メーカー・エーザイの内藤晴夫CEOはオンライン事業説明会でこう語った。その前日、同社は米バイオジェンとの提携契約の変更を発表していた。

 2007年にバイオジェンが研究を始めたアデュカヌマブは、2017年にエーザイとの共同開発に移行した。以来、研究開発や臨床試験、宣伝などの費用をエーザイも拠出し、販売開始後は世界での利益(損益)を両社で分け合うことになっていた。

 認知症薬事業を経営の柱に据えるエーザイにとっては乾坤一擲の新薬開発だった。昨年11月、内藤CEOは「アルツハイマー病治療の新たな1ページを開く、その花が開く春はそう遠くなく訪れるはずであると確信している」と強気のコメントをしていただけに痛手は大きい。

 当初、エーザイは同薬の年間売上高を1000億円以上と見込んだが、2021年12月までの米国での販売額は約4億円にとどまったとされる。

 契約見直しにより今後は開発や販売に関わることなく、バイオジェンの売り上げの2~8%のロイヤルティを受け取るだけになるという。事実上の“撤退”と報じられ、日本での販売は先が見通せなくなった。

 アルツハイマー病専門医の新井平伊医師(アルツクリニック東京院長)が明かす。

「私は認知症の家族会などとも交流がありますが、期待する患者さんや家族の声はかなりありました。『米国に行ってでも使いたい』という患者さんもいます。これは一生の問題ですからね」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。