マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「夢の認知症薬」開発 エーザイはなぜ“事実上の撤退”となったのか?

2022年4月1日 7:00 週刊ポスト

エーザイの内藤晴夫CEO(時事通信フォト)
エーザイの内藤晴夫CEO(時事通信フォト)

 米国ではすでに販売済みだが、高齢者向け公的医療保険「メディケア」で保険適用される可能性は低いと見られる。欧州や日本の公的保険制度は類似点が多く、承認されれば莫大な薬価を国の医療費で賄うことになる。そのため、費用対効果の面から承認に及び腰になっているというのだ。

 エーザイは今後、開発予算をバイオジェンと共同開発中の別の認知症薬「レカネマブ」に集中して注ぐという。

 同社広報部は「すでに第3相試験に入っており、米国では迅速承認の段階的申請を始めています。最終試験の結果も今秋には出る予定で、販売できる確度は高い」と自信をのぞかせる。

 前出・真鍋教授はレカネマブについて、「狙いはアデュカヌマブと同じですが、より毒素の強いアミロイドβだけを集中的に除去するので、より効果が高いと考えられます」と語るが、承認の壁は決して低くはない。

 世界中で期待される夢の新薬が日本で承認される日は訪れるのか。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。