マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

1年前に亡くなった叔父が生前に保証人になっていた 今から相続放棄は可能か

2022年5月22日 16:00 女性セブン

万が一返済が滞ることを考えると不安だというが…(イラスト/大野文彰)
万が一返済が滞ることを考えると不安だというが…(イラスト/大野文彰)

 故人の財産を引き継ぐ遺産相続。プラスの財産だけなら良いが、借金などの負債を残して亡くなった場合は注意が必要だ。たとえば故人が奨学金の保証人になっていたことを知らずに遺産を相続した場合、遺族に返済義務はあるのだろうか。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 叔父が亡くなり1年が経ちましたが、叔父が甥(叔父の弟の息子)の大学の奨学金の保証人になっていたことが判明し、叔母(叔父の妻)が困っています。甥はまだ奨学金の返済を終えていませんが、叔父が亡くなった後は、叔母が保証人を引き継がなければならないのでしょうか。いまのところ奨学金の返済は滞ってはいませんが、万が一返済が滞ることを考えると不安だそうです。どうしたらよいのでしょうか。(埼玉県・48才・パート)

【回答】
 被相続人(故人)の債務は相続されるので、叔母さんは叔父さんの奨学金の保証債務を相続しています。法定相続分の範囲の相続ですから、相続人が叔母さん1人の場合はすべて叔母さんが相続しますが、子供がいる場合は叔母さんの相続分は2分の1となり、叔母さんの保証責任も半分です。叔母さんが不安を持つのは当然ですが、保証人である叔父さんの地位を相続した以上、その責任は免れません。

 叔母さんとしては、相続放棄して相続しないという選択も可能でした。相続放棄すると最初から相続人にならなかったことになるので、叔父さんの保証債務を相続することもありません。この相続放棄は家庭裁判所に申し出て(申述)、受理されることが必要です。

 では、いまから相続放棄すればよいかといえば、簡単ではありません。相続人が相続の開始を知ったときから3か月以内に相続放棄をする必要があるからです。この期間を熟慮期間といいます。叔父さんの死亡を機に、妻である叔母さんは当然相続開始を知っているでしょう。1年経ったいまはとっくに熟慮期間を経過しており、相続放棄をすることはできません。これが原則です。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。