マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

死後に判明する家族の秘密問題 亡き夫の“内緒のアパート”の中を見て涙した妻も

2022年5月15日 15:00 女性セブン

亡き夫宛に単身者向けアパートの家賃の督促状が…(イメージ)
亡き夫宛に単身者向けアパートの家賃の督促状が…(イメージ)

 誰しも、家族にも知られたくない秘密があるもの。だが、死後になって判明した生前の秘密が遺された人たちを深く傷つけることがある。亡くなった人に怒りをぶつけることはできない。だからこそ、立つ鳥跡を濁してしまった残念すぎるエピソードから、そうならないための教訓を得てほしい。

「聞き覚えのない不動産会社から封書が届いたのは、夫が息を引き取った10か月後のことでした」

 声を詰まらせて話すのは、5年前に交通事故で夫を亡くした都内在住の会社員・斎藤裕子さん(仮名・58才)だ。封書の中身は、単身者向けアパートの家賃の督促状だった。夫は、家族に内緒で部屋を借りていたのだ。

「絶対に浮気だと思い、ショックを受けました。何より、妻の私が知らない別の顔があったことがつらくて、悲しくて……。不動産会社には事情を話し、滞納していた家賃を払って解約しましたが、退去のため実際にアパートの部屋に行くことにはものすごく抵抗がありました」(斎藤さん・以下同)

 しかし、疑心暗鬼になりながら部屋に入った斎藤さんの目に映ったのは、生前の夫が大好きだったプラモデルの山だった。

「夫はプラモデルを作るのが趣味でしたが、子供が生まれてからは『置く場所がないから』と一切やめてもらっていたんです。家族のためにひとりでアパートを借りていた彼の気持ちを思うと、不倫を疑った自分を恥じましたし、話を聞いてあげなかったことを強く後悔して、涙が止まらなくなりました」

 身辺整理や葬儀の準備など、遺された人の手を煩わせないために人生の総括を行う「終活」はもはや当たり前になりつつあり、60才以上の3人に1人が行っているという調査もある。しかし、その準備の手からこぼれ落ち、思わぬところで生前秘密にしていたことを家族が知ってしまうケースは少なくない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。