マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「配列が違う!」「10数台買った」…在宅勤務用の外付けキーボード選びの失敗談

2022年6月1日 19:00 マネーポストWEB

相性が良いキーボードに出合うのはなかなか難しい(イメージ。写真:イメージマート)
相性が良いキーボードに出合うのはなかなか難しい(イメージ。写真:イメージマート)

 デスクトップPCはもちろん、モニター接続や姿勢改善のためにノートPCでも使っている人の多い「外付けキーボード」。どんなものを選ぶかで作業効率も変わってくるだけに、こだわりをもって探す人も少なくないだろう。だが、キーボード選びに際してはチェックポイントも多い。接続は有線か無線か、キーの配列や打鍵感など、実際に使ってみなければわからないこともある。あれこれ悩んだ末にキーボードを購入したが「失敗した!」と嘆く人たちの声から、キーボード選びの難しさを探ってみよう。

総額8万円分使ったけど…

 IT企業に勤務する20代男性・Aさんは、「これまで、仕事道具に特にこだわりはありませんでしたが、急にマイブームが到来しました」と振り返る。在宅勤務になって自宅の仕事環境を整備するため、同僚に相談したことが始まりだった。

「同僚に、『お金をかけるべきは、キーボード』と熱弁されました。ノートPCでも、外付けキーボードで作業効率が上がるだけでなく、『打つことが楽しくなると、自然と仕事も早くなる』と言われ、それなら僕も買ってみようと思いました」(Aさん)

 職場でも自宅でもノートPCを使用するAさん。同僚の意見やネットショップのレビューを参考にし、「打ちやすい」と評判の外付けキーボードを購入したが、「相性がよくなかった」という。

「キーストロークが若干深めで、同僚もネットのレビューでも『最高』みたいな感じだったのに、僕にはイマイチでした。ノートPCのキーストロークが浅いキーボードやiPad Proに装着できるMagic Keyboardのような外付けキーボードに慣れていると、深いキーは指がひっかかるし、なんだかいつもより疲れるし、打ちにくいだけ。1万円以上したのに結局数回しか使っていません」(Aさん)

 Aさんはその後も、自分に合った「理想のキーボード」を追い求めて次々と購入し、結局今では自宅に10数台ものキーボードを所有するほどになったという。

「たくさん買ってみた結果、キーボードに関しては他人の評判はあてにならないことがわかりました(笑)。面倒でもネットで探すのではなく、家電量販店に行って実際に触ってみるのが一番です。やっぱり僕にとっては、ストロークの浅いキーボードの方が良い。総額8万円くらい無駄になってしまいました。高い授業料でしたね」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。