マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

【最終回】1億6000万円の負債と引き換えに手に入れたプライスレスな経験 | 突然マルサがやってきた!

2016年12月1日 17:00

 翌日、僕あてに、見慣れた税務署の封筒に入った書留が届きました。おそるおそる開けてみると、それは「重加算税」の金額が決定したという通知でした。

 重加算税! 

 重加算税とは、悪質な所得隠しや申告もれがあった場合に、罰金的な意味合いで課される税金のことです。僕の場合も、無申告だった所得額があまりにも大きいので、重加算税が課されることはまず間違いないとわかってはいました。

 ただ、その具体的な金額はまだ決まっておらず、おそらく裁判が終わってから決まるのだろうと思っていました。

「なんで裁判が始まってもないのにこんなのが来るんだよっ!」

と、軽くキレてはみたものの、いずれは払わなければならないのだから、逃げていたって仕方がありません。僕はおそるおそる、金額を書いた紙を広げてみました。

 えーと……。いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、ひゃくまん……。

 ろくせんまんえん? 6000万円!!! 

 さすがの僕も、ガックリ肩を落としてしまいました。悲しいけど、辛いけど、これが「脱税」の現実です。しかも、本来払うべき税金以外に課されるのは、この重加算税だけではありません。

 2009年秋の現時点で裁判はまだ始まっていないのですが、僕は刑事告発されたので、罰金刑は免れないでしょう。罰金は、重加算税とは別に科される刑事罰です。さらに、利子にあたる延滞税も、毎日5万円ずつプラスされ、僕の負債はどんどん膨らんでいます。

 それでも僕は、へこたれません! たとえおじいちゃんになっても、絶対に最後まで払い続けます。

 ありがたいことに(?)、重加算税には利子にあたる延滞税はかからないらしいので、とりあえず所得税のほうから減らしていこうと思います。

 ちなみに、裁判を経て罰金額が確定したら、こちらはすぐに払わないといけません。これが払えないと刑務所行きで、仕事もFXもできなくなっちゃうからです。

 そのために罰金用の現金だけは、差し押さえを免れたわけです。今はその罰金用のお金でFXをしているわけですが、罰金を払ってしまうと種銭がなくなってFXを中止せざるを得ないので、悩ましいところです。

 とにかく今は、裁判が始まるまでにできるだけ利益を上げて、納税しながら新しい種銭を稼ごうと思います。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
最新のFX自動売買を9選! 儲かる投資家の秘訣とは?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。