マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

自分へのご褒美のプチ贅沢はどちら?「賢い消費」と「無駄な消費」を分けるもの

2022年6月9日 15:00 女性セブン

「賢い消費」と「無駄な消費」の違いは?(イメージ。Getty Images)
「賢い消費」と「無駄な消費」の違いは?(イメージ。Getty Images)

 世間を騒がせた、山口県阿武町の臨時給付金4630万円振り込みミス事件。もし自分の手元に、あれほどの大金が入ってきたらどうしたか、と考えた人も多いのではないだろうか。宝くじが当たる。遠い親戚の遺産が転がり込む。持っていた株やビットコインが高騰する。万馬券を的中させる……世の中には、ある日突然、大金を手にする人が、少なからずいる。

 ただし大金を手に入れても、価値のある使い方をしなければ、それはムダな「死に金」となってしまう。正しい使い方で「生き金」にしなくては幸せにはなれない。

 そもそも「生き金」とは「使っただけの価値が生じる金銭」を意味する。一方「死に金」とは「使っても効果がなく、ムダになるお金」を指す。

 ファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんは「賢い消費=生き金」「ムダな消費=死に金」だと説く。

「いまの時代は特に、ムダな消費が増えています。自分が買おうとしているものが“want(欲望)”なのか、“need(必要)”なのかを見極める必要があります。車でも洋服でもバッグでも、すでにいま、持っているなら、それは必要なのではなく、ただ欲しい(want)だけ。現代の市場は、テレビもSNSも、すべて個人のwantに訴えかけているのです」

 欲望からの消費は、高額であればあるほど、脳が瞬間的に大量のアドレナリンを分泌する。アドレナリンによる快感は一時的なもので、依存性があるため、次々と高額なものが欲しくなり、買い物依存に陥る可能性すらある。一度でも衝動買いすると、物欲が際限なくふくらむ恐れもあるのだ。

 だが、金額が安ければ「死に金」にならないというわけでもない。明治大学大学院元教授で行動経済学者の友野典男さんが言う。

「例えば、スーパーなどでよくある“野菜が1つ100円、2つで150円”といった売り方。金額だけを考えればお得ですが、だからといって、必要以上に買って余らせて、腐らせてしまったら、わずか50円であろうと、それは“死に金”です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。