マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

円広志、極貧時代に『夢想花』で印税600万円「現物見たくて全部おろした」

2022年6月17日 6:00 女性セブン

「もしも急に大金を手にしたら?」歌手・円広志がヒット曲『夢想花』の印税が最初に入ってきた当時を振り返る(写真/本人提供)
「もしも急に大金を手にしたら?」歌手・円広志がヒット曲『夢想花』の印税が最初に入ってきた当時を振り返る(写真/本人提供)

〈もし口座に突然4000万円が入金されたら、“ちょっとだけなら”と思って使ってしまうかも……〉、〈いきなり大金が手に入ったら、誰にも言わずに海外に逃げる。うれしいよりも、怖い〉。

 日本中をザワつかせた山口県阿武町の「4630万円問題」。誤送金で転がり込んできた大金の返金を拒否した24才の男には批判や驚き、呆れ、共感などさまざまな意見が噴出した。最終的には当事者の逮捕によって騒動は幕を閉じたが、この事件がきっかけで「もし自分のもとに大金が転がり込んできたら……」と妄想した人は多いだろう。そこで、実際に“そんな経験”をした著名人に話を聞いてみよう。

「他人のお金、しかも税金を勝手に使ったわけだから、彼は悪党。同情できないですよね。だけどもし同じ状況になったら、そのうち何人が、すぐにお金を返そうとするか……。正直ぼくも断言できるか自信がない(苦笑)」

“4630万円問題”にこんな感想を寄せるのは、歌手の円広志(68才)。1978年、25才のときにデビュー曲『夢想花』が大ヒットし、極貧生活から一転、印税として大金が転がり込んできた“経験者”だ。

「忘れもしません。『夢想花』の印税として最初に入ってきたのが600万円。当時は給料から家賃を引いて残るのは1か月4万円ほど。すでに結婚もしていましたが、嫁もぼくも10万円以上の現金なんて持ったことがなかった。

 もう、びっくりして『まずは現物が見たい』と600万円全部おろして自宅に帰り、嫁に100万円ずつ札束を見せて、『まだあるぞ、まだあるぞ』って……(笑い)。そのあとふたりで中華料理の出前を食べきれないくらい注文して9000円使って、後は銀行に戻しました」(円・以下同)

 円に大金をもたらした『夢想花』はその後も売れ続け、最終的に80万枚の大ヒットを記録した。

「だけどご存じのようにあの曲の後は鳴かず飛ばず。仕事がないから時間はあるし、売れなくなってからもしばらくは印税が入るから金もある。朝からパチンコして酒飲んで、家族で旅行して……。

 そんな生活を続けた結果、2年くらいでお金を使い果たして地元の大阪に帰りました。もちろん貯金なんてしないですよ。まだ若かったから何も考えていなかったんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。