マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「客がロシア人だから」と旅館が宿泊拒否するのは法的に問題ないのか 弁護士の見解

2022年7月4日 19:00 週刊ポスト

「ロシア人だから宿泊拒否」という旅館側の主張は通るのか(イメージ)
「ロシア人だから宿泊拒否」という旅館側の主張は通るのか(イメージ)

 ウクライナ侵攻が始まって以降、ロシアが世界中から非難の声を浴びている。国単位での経済制裁も続いているが、一方で旅館が「ロシア人の宿泊を拒否」を宣言するケースも報じられており、こちらに法的な問題はないのだろうか。客を拒否する「契約自由の原則」の範疇はどこまでか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 温泉に行ったら、旅館のフロントで何やらモメている様子。どうやら家族がチェックインしようとしたところ、その中にロシアからの留学生がいたようです。旅館側はロシアの青年の宿泊を拒否したらしく、そのことで家族が猛反発。このご時世、旅館の気持ちも理解できますが、それでも問題アリですよね。

【回答】
 私人間の取引は、自由です。気に入らない相手方と、取引する義務はありません。契約自由の原則は、自由経済社会の鉄則なのです。

 しかし、人種や国籍を理由とする取引拒否は、人種・社会的身分等による差別を禁じている憲法の精神に反します。相手の人格を傷つけ、その法的利益を侵害する不法行為になる場合もあります。

 それだけではなく、法律で取引拒否を禁じている場合があります。例えば、医師は『医師法』により、正当な事由なく診療を拒む事はできません。鉄道は『鉄道営業法』で、タクシーやバスは『道路運送法』で、乗客が法令等に違反したり、乗車が公序良俗に反するなど、一定の場合以外の乗車拒否を禁じています。医療も交通も、生活には欠かせない重要なインフラです。こうした業種では、契約自由の原則が制限されるのです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。